【兄コマ】ドラマと映画の違いって?あらすじとキャストに注目【ネタバレ】

シェアする


出典:http://anikoma-movie.jp/

先日、夜中のTVで放送されていたドラマ、今話題の、人気急上昇漫画

「兄に愛されすぎて困ってます」を見ました。

この作品は漫画家の夜神里奈による日本の少女漫画作品。

小学館の雑誌『Sho-Comi』で、2015年14号から連載していて

2017年の6月30日〜映画上映されています。

その番宣の一環としても、4月中旬頃より全国放送(一部県ではなし)で深夜の時間帯にドラマ版が放送していました。

僕は実際に連載されているこの「兄に愛されすぎて困ってます」の漫画のことすら、全く知らなかったのに(ごめんなさい)見入ってしまい、ドラマ版を最後まで見てしまいました。

で、こんなことをブログに書こうとしています。察してください。

その所感を、男の俺が(笑)お話していきます。

ウォーキングデッドdTVの配信いつから?ついにシーズン7放送開始決定!!
ウォーキングデッドdTVの配信いつから?ついにシーズン7放送開始決定!!
ベス可愛すぎて辛い。(まじ大好き)ここまでは言いたい。あとは絶対見てからのお楽しみ★特にドラマに出てくるキャラクター設定が素晴らしく世界観の映像もすごいしさりげない細々した演出が神ってる。

スポンサーリンク

漫画の原作

漫画のあらすじ

せとかは、不器用ながらも優しい兄はるかと幸せな日々を送っていた。ある日、せとかが海外への修学旅行に行くことが決まり、パスポート申請のために戸籍謄本の準備を親に頼んだところ、せとかが養子であることが判明した。その翌日、せとかがクラスメイトの鈴木と一緒にバスに乗っていたところ、自転車に乗ったはるかがやってきて、バスに蹴りを入れた。それ以来、はるかとせとかの関係は変化していった。

引用元:Wiki

※ちなみにコミック版は現在も連載が続いていて、まだ完結してません。

ドラマ版のストーリー解説

ネタバレがあるので、見たくない方は飛ばしてください。

(たまに心の声が聞こえますが、ご了承ください)

ドラマ自体は全部で5話設定で放送されていましたが、

ストーリーとしては、いわゆる主人公のヒロイン「せとか」が人を好きになって、その後告白するもなんと12連敗。

いくら何でもおかしいと思い、「せとか」は告白した相手に理由を確認すると、

原因はなんとせとかの兄「はるか」が、、、。

その後、イケメン四天王の1人「美丘千秋(草川拓哉)」が現れ、「せとか」はデートができるチャンスを掴む。

終始幸せタイムでしたが、デートの帰りに、「せとか」が「美丘千秋」に対してつい

「私が本当の恋人じゃダメですか?」

と伝えるが、美丘は

「僕のことを好きな女性に興味はないだ」

とあっけなくふる。(は?まじ嫌いやこいつ)

そんな時に、「美丘千秋の元女?」が「せとか」とのデートをする腹いせに、不良を雇ってデートの邪魔をしにくる。

「なんだ君達は?」

と「美丘千秋」が言葉を放った瞬間、「なめてんじゃねーよ!」とおかなに蹴りを入れられて地面にダウン!><

(ちょっと私、精神的に楽になりました)

しかし「せとか」のことが心配で終日デートの後をつけていた、せとかの兄「はるか」がキラーーン!と現れて決めセリフ!

「せとかを泣かせていいのは、兄貴の俺だけなんだよ!!」

殴りかかってくる不良どもを、ボッコボッコにして撃退!!

全員追い払ってしまう!

(まるで戦隊モノのラストシーン!「はるか」いいぞ!もっとやれ!)

イケメン四天王の「美丘」は起き上がってその場で、一礼して立ち去るが、

「せとか」は「美丘」に振られた後のショックでちょっとブルーに。

でも帰り道

「はるか」の何気ない言葉、励ましでなんとか元気を取り戻す。

(少しだけ兄にキュンキュンしている模様)

「はるか」も少し満足げな感じだった。

数日後、思わぬ来客が。

学校の入り口にスポーツカー(アウディクーぺ)を止めるイケメンの姿。

(でた、、でもこういうシーンやってみたい)

それは「せとか」の初恋の相手、「芹川高嶺(千葉雄大)」だった。

「せとか」は「芹川」に連れられそのままドライブに、

それを目撃した「兄のはるか」は

近くにいた同級生「芹川高嶺」の実の弟である「芹川国光」のチャリンコを奪いダッシュで追いかけるが、車のスピードには勝てずそのまま置いていかれる。

(はるかの姿がちょっと滑稽に、そこまでするとか、なんかシスコンすぎへん?)

「芹川高嶺」に連れられて来たお店、「せとか」の目の前には、1人の女性が。

それは「芹川高嶺」の彼女(早く別れたい彼女 )でした。

「芹川高嶺」はその女性と別れる口実を作りたくて「せとか」に彼女役の芝居をうってもらう為に、ここに連れて来たということでした。

そこで別れたい彼女にアピールするように「せとか」は「芹川高嶺」にキスをされる。

別れたかった彼女は怒ってその場を出て行くが、そんな中タイミングよく現れたのは、先日「せとか」をふったばかりの

「美丘千秋(草川拓弥)」(不良に蹴られた人 、、やん)

普段の生活では終始モテまくりの「美丘」は、また別の女性とデート中にお店に来ていたが、「芹川高嶺」と「せとか」の偽装工作の芝居カップルとは気づかないまま、

お互い「初めまして」と挨拶をするが。

「せとか」に肩をかけ「せとかの婚約者の芹川高嶺です。」

と「美丘千秋」にあえて挑発的な態度を見せつける。

その仕草に少しイラっと?した様子で、「芹川高嶺」に対して、心の中で闘争心を掻き立てられる「美丘拓哉」。

「美丘」は ”自分に好意を持つものには興味がない” が、所有欲が強く人から奪うことは大好きなイケメン男子だ。

(嫌いやぁー)

今回も「せとか」を奪いたいというよりは「芹川高嶺」から(女性を)奪いたいという欲求が、垣間見れた瞬間だった気がする。

その日の夕方、チャリンコで後を追っていた、せとか兄「はるか」は、偶然帰り道の「美丘千秋」とばったり会う、そこで「せとか」が「芹川高嶺」とラブラブっぷりを発揮し「キスをた」ことを知る、、。

もう我慢ならん!と感じた「はるか」は、夜中に「芹川高嶺」を公園に呼び出す。

そこでこれ以上「せとかに近づく」な的なことを伝えるも、「芹川高嶺」は動じない態度をとる、そして一言「芹川高嶺」が「はるか」に向かって一言。

「お前妹に恋してんだろ?」

しかし「何を!俺たちは兄弟だぞ!」と反発をするも、どこか言い切れない様子の「はるか」。

(めっちゃシスコンやん、、)

次の日、学校でモヤモヤ気分な「はるか」は、昨晩「芹川高嶺」に言われたことを考えながら、クラスメイトの「芹川国光」に呼ばれて教室に戻る途中、

階段を踏み外しそうになったクラスメイトの「芹川国光」を助けようと、素早く手を伸ばすも一緒に階段から転げ落ちてしまう。

そのまま気絶してしまい、起きたら「芹川高嶺」が勤務する病院へ搬送されていた。

そこで念のために検査入院する「はるか」

一緒に階段から落ちたクラスメイト「芹川国光」

病院の医者であり担当医である「芹川高嶺」

偶然見舞いに来た「美丘千秋」

なんとその病院ではライバル同士が一気に集合することに。

その後に複線的なシーンがあり、

家に帰ってからも、何かモヤモヤっとした気持ちでいる「はるか」は、常識的に考えても自分は「せとかの兄」であり、「せとか」に対しての気持ちを素直に表現できないでいた。

そんなこんなでモヤモヤしながらも病院を退院した「はるか」は、

父親にあることを聞かされる。それは

「せとかは小さい頃に事情があって家に来くことになった、養子である」

もちろん我が子のように育てて、間違いなく家族であることは伝えるが、ポインはそこではない、

「はるか」にとって

「自分」と「せとか」は血の繋がった兄弟ではないということだった。

(衝撃!!!そんな設定やったんか!)

(マジで?!はるか血繋がってないならいけるやん!)

(絶対いけよ!!!!)

さぁ面白くなって来ました 。

ここからどうなるのか?ドラマではここに、何と学校の教育実習?的な感じで

イケメン先生「矢高北斗」

(ノンスタイル井上が参戦します。なんで?)

(でもうけるw)

映画版ではこの「ノンスタ井上」を含めたキャラの、恋愛バトル勃発する内容となっています。

でも絶対「こいつじゃない感」はすでに漂っています。

気持ち的には「はるか」と「せとか」のハッピーエンドじゃ?

って感じがしますが、映画ではどうなるんでしょうか?

キャスト

引用:Wikiより

出典:http://www.ntv.co.jp/anikoma-drama/character/index.html

 

出典:http://www.ntv.co.jp/anikoma-drama/character/index.html

出典:http://www.ntv.co.jp/anikoma-drama/character/index.html

出典:http://www.ntv.co.jp/anikoma-drama/character/index.html

出典:http://www.ntv.co.jp/anikoma-drama/character/index.html

個人的に土屋太鳳は、映画「人狼」の時の、主演イメージが強くて”可愛い”というかは”個性的で強い女性”って感じを持っていますので、なかなか甘きゅんなドラマの役作りって、難しいんだろうなと感じましたが、流石の演技力でしたね。

何も知らずに見ること

僕は、何も知らない状態で視聴しましたが。さすがに男一人で見ると恥ずかしさが込み上げてきます、、(笑)

なんというか全員の「演技」なのか、一つ一つのシーンは、コミックからの派生もあり、ある程度の「まぁ漫画だしねぇ」という「フィクション感」はあると思うんですけど。

なんというか、リアルでは絶対言わない!(笑)ような「臭いセリフがありすぎて」ちょっと恥ずかしくなりますよ。

まぁそんなところも、笑って見れるくらいが一番いいのかな〜?

俳優、キャラの個人的感想

あくまで個人的な感想なので、気分を害したらすみません。

先に謝って起きます。

「はるか」役の「片寄涼太」

片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)は、めちゃくちゃイケメンだし

スタイルも素晴らしいし!見た目に非の打ち所が無いくらいかっこいい、と普通に思いますね。

だけどなんだろう?若さゆえなのか、演技の表情が終始緊張してない?って感じてします。

重要なシーンでも、ちょっとセリフに深さが足りないというか感情移入が薄い?という気がしましたね。

これだけ雰囲気カッコいいので、もっと表現力があれば最高にいい作品になる気がします。

まぁ始まったばかりなので、これからさらに期待ですかねっ。

設定的には(妹大好きなツンデレ兄貴)なキャラだから、あまり感情出しすぎてもダメなのかもしれないですけど?!

「せとか」役の「土屋太鳳」

可愛いけど、、可愛いですけど。。なんか女子高生って感じの初々しさが?

色々経験してるだけあって、さすが演技はうまいのかなって思います。

でも兄と比べて顔が大きく見えてしまいません?、、><

足めっちゃ細いから余計に、、。

でもストーリーの中で、不意に兄と「えっキスするのか?!」と想像させるシーンがあるんですが、

ちょ!お前妹だろ><

なに受け身になってんのよ!って突っ込みたくなる何度もシーンがありますw

原作的にはこの兄弟は養子なので、実際に血が繋がっていないらしいので、それをわかって見ていれば、全然OKなんですが(ぎゃくにいけいけGOGO!)

僕は初めの方はずっとそれを知らなかったので、近親相姦ってまずくないか?!

って思いながら見てました(笑)2回目を見たら「ほら!もっといけよ!」って思うと思います。

個人的に一番よかったのは

芹川高嶺 役の「千葉雄大」

もちろん役どころが医者という設定にはまだ若すぎる感じで、少し違和感を感じましたが、演技時の顔の表情であったり、エリートオーラを醸し出す雰囲気は、役者になりきってる感じはしました。

兄役の「片寄涼太」と比べると、演技する気持ちに余裕がある感じに見えましたね。

ってか顔綺麗すぎ。

お肌綺麗すぎ。

目が綺麗すぎ。

これは女性イチコロですよね><。普通にかっこよすぎ。

千秋役の「草川拓弥」

この俳優さんは、初めて見たのですが

超特急というグループに所属してるメンバー

超特急(ちょうとっきゅう)は、日本の音楽グループ、EBiDANの選抜ユニットである。スターダストプロモーション所属。ボーカル2人とダンサー5人の史上初メインダンサーバックヴォーカルグループ。

出典:Wikiより

土屋太鳳演じる「せとか」を巡って争奪戦を、繰り広げるイケメンメンバーの中の王子役です。

僕的には、作品の設定の中では一番嫌いなタイプです(笑)

なんていうか。

恋愛を”ゲーム”と考えている感じで「僕のことを好きになった女性には興味がない」というセリフを平気で放つやつですからね。

ただ礼儀正しいところもあから憎めないんですよ!。

ギャップのある子、そういうこ好きです。はい。

でもこの子は結構、闇を抱えてそうな部分がありますね?こじれてる?といったほうがいいかな(笑)

「せとか」で本当の愛を知ったらいいよ。ていなキャラですね。

もちろん作品としては、あえてこういうキャラがいないと、主人公が引き立たないので全然ありですけどね

国光役の「杉野遥亮」

ドラマの中の癒しですね!、こういうメインのイケメン集団バトルには、あまり参加していない印象ですが、「せとか」のことが好きなんですかね?

作品では「千葉雄大」演じる「高嶺の弟」としていいキャラクターを演じてくれますが。

ドラマでは、何かと重要なシーンでクッション役として、放つ一言一言が笑わせてくれます(笑)

ドラマを見た感じだと、この「芹川国光」のラストの期待としては、

「美丘千秋」の妹役「美丘千雪(森高愛)」とくっついてくれ!て感じます。

それがハッピーじゃない?って気がしますけどね。

ほんま原作読んでいないから好きなこと言ってます(笑)

以上だらだらと個人的感想を書きましたが、

「兄に愛されすぎて困ってます」

アニメ版も気になった方は

”dTV”で見れます。

(こちらから31日間無料お試しできます。)

注意:本作品の配信情報は2017年8月22日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。




【Google先生が抜粋した記事】



スポンサーリンク

シェアする

フォローする