【メルカリ】読書感想文が買える時代「購入者はいるのか?」

シェアする

夏休みの宿題の中で他より目立って

時間のかかるものといえば?

読書感想文と自由研究ですが。

数年前から実は需要があるんです

👉メルカリで出品される

「買える読書感想文」

マジで最高ですよね

マネーさえあればなんでもできるという

もう、世紀末だな、、w(驚)

スポンサーリンク

メルカリで読書感想文を購入

「僕らの時代は・・」

って言うほどの年齢でもないですが

まず感想文は何を読むか?から始まって

書店や図書館で本を選ぶ作業から。

そこで選んだ本をじっくり読んで

理解し考える。

そして感じたことを

自分言葉で淡々と書く。

普段から沢山本を読んだり

文章を書くことが好きな子にとっては

「は?一体何が苦痛なの??」と

ただただ疑問でしょう。

しかし!!

中には必ずいるんです

どうしても感想文嫌いな子が・・。

あと、最近は別の理由でもあるそうですよ?

向上心がありもっと違う勉強をする為に

時間節約方法としてネットで夏休みの宿題を

買う人もいると言う実態

もうなんか今の子供こわ〜い〜

・・色々と需要は様々ですなぁ。

(関心していいのか・・)

スポンサーリンク



メルカリで出品されている読書感想文

本当に売ってますね(笑)

実際に売れてますし!!

相場はおよそ1000円以内くらいです。

金額も安い(お小遣い程度でしょう)

もう、今からすでに堀江貴文並みに

タイムイズマネー!の精神を持った子に

とっては、読書感想文ってやはり

「今は必要ではない」のかもしれませんね。

難しいビジネス本とかなら読むかも?

【焼肉鉄庵】安倍総理の個人情報漏洩。責任は誰にあるのか?
【焼肉鉄庵】安倍総理の個人情報漏洩。責任は誰にあるのか?
突然ですが。 こちらの件についてどう思われるでしょうか? つい先日、ある報道が原因でSNS上で 「...

読書感想文の存在価値って?

過去の知恵袋ではこんな質問をみつけました。

「読書感想文の存在価値はあるのですか?
おしえてください」

これ見るとなんだか少し切なくなりますが

ベスト回答はが・・?

「ある」「なし」で言えば「ある」と思います。

本を読むことに少しでも慣れる効果もあります。
ドラえもんののび太がそうだったように、読書の経験のない生徒が、この経験を通して読書を好きになることもあります。
推薦図書や課題図書があるために、自分達が読むべき本のレベル、難易度を知ることもできます。

そして、その感想文ですが、自分の感じたこと、思った事を判りやすく、「文章」で他人に伝える場であり、練習になります。
授業でも行っていることですが、少し長くしっかり書く機会となります。
文章の構成の勉強にもなります。
(今思えば、あのくらいの長さの文章を書かせるなら、構成の組み方の基礎くらいは教えてくれてもよかったのではないかとつくづく思います)

こうした発想、感情などを具体的に文章にする訓練をしておくと、将来にも役に立ちます。
業務での報告やプレゼン、手紙やメール(ラブレター、お礼、その他)、論文作成など、様々な場面で役に立ちます。
また湧いてくる不安や悩みを処理するにも、そういったものを具体的に書きだせる人は強いです。

yahoo!!知恵袋

いいこと言ってますね、確かにその通りだと感じます、もう本質を全て語ってくれてるので改めて追加して言うことないですね笑

最近、僕も本を読む大切さが身にしみて感じます。

やはり色々な考えをインプットするって人生においても凄く大切なことですねっ。今必要なくてもあとできっと感じることがある。

特に10代で豊かな感性や、柔軟な発想を身につけると同じ20代、30代、40代〜でも全く違う価値の違う人生になりそうです。

はい。

今回はこの”読書感想文をフリマアプリで購入すること”についてお話しましたが

あなたはこの件についてどう思いますか?

もしお暇があったらで結構ですのでコメントいただければ喜びます、返信は必ずいたします。

今回も最後まで見ていただき

ありがとうございましたっ

ブログ毎日更新してます

またお越しくださいませっ♫

「口コミ&レビューは嘘だらけ?!」仕事サイト「転職会議」で裁判に発展
「口コミ&レビューは嘘だらけ?!」仕事サイト「転職会議」で裁判に発展
この判決などによると大手求人サイトの投稿に、元従業員と名乗る人物が匿名で「社長はワンマン!」「管理職に管理能力がない!」などの批判を掲載。これを見た企業が「事実無根!」と裁判を起こす。
複数のアカウント所持はNG!メルカリ利用で2人逮捕者が出ました
複数のアカウント所持はNG!メルカリ利用で2人逮捕者が出ました
出典: ちょっとニュースで気になったことがありました。何やら今...

【Google先生が抜粋した記事】






スポンサーリンク

シェアする

フォローする