▷進撃の巨人 アニメ3期 1話〜最新話を視聴
スポンサーリンク

【クラクラ】大工の拠点BH6配置と攻め方「ベビドラ盾」【クラッシュオブクラン】

スポンサーリンク

スマホゲーム クラッシュオブクラン

定期報告です!

 

ちょっとしばらく更新が空いてしまいましたが、

プレイは懲りずにやってます!

 

 

クラクラ 大工の拠点 ビルダーホール6(BH6)配置

大工の拠点』もレベルが上がりまして

BH6(ビルダーホール6)になってから

コツコツ設備もアップグレードしています♫

 

 

大工の拠点のトロフィー数も

3000を超えてボーナスでエメラルドもゲット。

通常のお昼クランはなんとかチャンピオンまで

行くことができました^^; やっとやぁ〜。

 

スポンサーリンク



 

現在の配置はこんな感じになりました。

この配置結構おすすめです。

意外と星が2つ取られにくいですね、

 

 

常々最強の配置!を研究していますが

なかなかアルゴリズムの変動と言いますか、

毎回アップデートで変更されるので難しいですね。

 

 

最近ネクロラッシュが卑怯だったのか(笑)

やってくる人ほぼ消えましたね。

 

 

 

アップデート当時は

”レベル12”のネクロマンサーラッシュが

うざかった><

 

 

対策として画像見ていただくとわかりますが

右側に爆弾置いてましたっっっw

 

 

なかなかかからないけどね^^;

成功していないけど、成功した時の

喜びはきっと『グフフフ・・w』になると思う!

 

 

 

クラクラ 大工の拠点 攻め方

前々回にベータガーゴイルラッシュをして

勝利するという攻め方をおすすめしましたが

今回は少し改良して、

 

 

ベビードラゴンがレベル12になったので

ベビドラ3体を盾にして、背後から

ベータガーゴイルラッシュで攻めるというやり方。

 

 

今回iPhoneが画面録画できるようになったので

記念に撮って見ました★

 

 

リプレイでなく、ぶっつけ本番で行いましたが

成功したので是非動画でご覧ください!!

 

 

やっぱり動画の方が伝えやすいですね、

人生で初めてYouTubeに動画あげました(笑)

簡単に動画アップできるんですね・・!

びっくり。

 

ニコニコってなんであんな面倒やったんやろ?

 

 

一応このブログ上でそのまま動画あげれますが

結構容量と食われるので

YouTubeではめ込みでいきますね^^

 

クラクラ BH6では最強な攻め方?

「Ready Go!!」

 

最後、相手も100%かよ!っていう

オチでしたね><

 

せっかく頑張ったのに。

ネクロラッシュめ〜(笑)

いつか出した瞬間に

爆弾で消しとばしてやりたいよ〜♫w

 

 

でも今回こうやってベビドラを盾に

ガーゴイルで攻めて見たんですが

この攻め方は実際に結構使えます。

 

 

もし『バトルマシン』の体力がある場合は

空軍を攻撃されるのを回避するため

 

アーチャタワーの攻撃を食らう盾にして

その後にベビドラを3体出撃、

そして少し後方からガーゴイルを大量に投入する。

 

 

 

これでトロフィー2500くらいからは

この戦法で3000まであげました。

 

 

ただ敵のロケット花火風船爆弾が強力だと

あまり成功しないのですが、

 

相手防衛設備がマックスレベル、でなければ

高確率で勝てますのでおすすめです。

 

 

ただ、ベビドラを投入する際も

風船爆弾」が置いている側から攻撃すると

すぐに消し飛んでしまい

 

あまりガーゴイルを守る『』の意味がないので

通常のロケット花火側から攻めるのがいいかも?!

 

 

今回の動画ではたまたま風船爆弾が工事中だったので

色々と助かりましたけどね^^;

 

 

そレト、最後に必ず

4〜5体ほどはガーゴイルを残して

最後に攻めるところを調整しましょう。

 

 

はじめに全部出すと高確率で最後に後悔します。

あ・・・もうちょいまったら

100%いけたかも・・ってなります(汗)

 

 

BH破壊できなかった時のための

調整に備えましょう。

 

 

またバトルマシンを後から出撃させる方は

 

できるだけ端っこから出撃させて

ゲージをチャージする時間(14秒)を稼ぎましょう。

(やってる人多いですがかなり意味あります)

 

 

ほんと少しの時間差で勝てるか?

負けるか?変わってくるので(汗)

油断はできませんねw

 

 

今回は初めて動画を撮って見ましたので

次回からも動画でご紹介しますね^^

 

最後までご覧いただきまして

ありがとうございました!

 

コメント