▷進撃の巨人 アニメ3期 1話〜最新話を視聴
スポンサーリンク

【男性の冷え性】女性だけの悩みじゃない!身体を冷やす習慣?

スポンサーリンク

 

【冷え性】についての話。

 

 

最近、管理人は自身の『冷え性』に対して

何か良い対策案はないかと

色々と躍起になっております。

 

スポンサーリンク




『冷え性』って普通は

女性の方に多いように思いますが、

男だって寒いものは寒いです…><

 

 

朝方、夕方と暖房でお部屋を暖まっても

トイレにたったらすぐに身体が冷えます…

 

 

思い立った今から、来年にかけて

『冷え性』を改善したいなと思ったわけです。

 

 

この記事では、冷え性に関するサプリや

冷え性対策のアイテムを買う前に…

 

 

今一度!!

 

 

自身の生活習慣で見直せるところはないか?

 

 

そういった考えの方へ

特に参考になると思います。

 

女性だけではない『冷え性』の悩み

少し余談になりますが

 

 

管理人の趣味はギターでございます。

(へぇ)

 

 

で、冬場にギターを演奏するためには

まずやらねばならないこと。

 

そう、左手の指先と右手首を温める事から

始めないといけないという若干の面倒くささ。

 

 

それが、結構手間なんですね。

 

 

でも指を温めるか、

温めないかでほんと演奏の出音が変わり

 

その瞬間、プレイも楽しくできるか?できないか?

と随分、メンタル面でも影響が出ます。

 

 

楽器を弾く人にとっては結構な悩み。

(音楽する人はわかってくれるはず… )

 

 

昔『GLAY』の『Winter again』のPVみたいに

手袋したままギター弾けたらいいですけどね。

(あれは当て振りですがね)

 

 

 

そうやって毎冬…管理人を悩ませる

 

 

『冷え』!

(切実な叫び。)

 

 

そもそもでいう

 

『冷え性』になりやすい体質って?

なりにくり体質作りって何よ?

 

 

男性でもこの『冷え性』になるという

”原因” を探るところから入ります。

 

 

そういえば先日

冷え性の対策として『発熱ボディ』を目指そう

という記事をご案内いたしました

 

 

 

これも『男性』『女性』と両方で役立つ

情報なのでお時間ありましたら是非。

 

 

スポンサーリンク



 

では、今回のテーマ。

 

 

『冷え性は体内から改善っ!』

<サブタイトル!!>

冷えの要因を身体に持ち込ませるな!ゲッラァウト!!

 

 

になります。

 

 

実は、知らぬ間にやってしまっているという

何気ない習慣に?少し注目してみようかと。

 

 

 

もし、今夜あなたが

ある選択肢を迫られた時…!

 

 

『A → B』を選ぶだけで?

 

『冷え』を少し改善できるかもしれません。

 

 

ということで管理人は、冷え対策に

気合い!が入っておりますが。

 

 

 

(先に言っておきます、多少の温度差はごめんなさい)

 

 

 

 

それで、今この記事を読まれているあなたは…

 

 

 

まぁ『冷え性…ですよね?』

 

 

 

あ。ここまで読んでいただいて。

 

 

「実はちゃうんです。」なんかダメですよ!!

※関西弁で「ちゃう=違う」

 

 

 

もうここからはそういう前提で

お話進めますから。

 

 

いいですか。

 

あなたは管理人と同じ…

 

 

 

そう!『冷え性』なんです。

 

 

 

あなたはだんだん寒くなる…

 

 

手先がだんだん寒くなる…..

・・・・・・

・・・・・

・・・・・

だんだんだんだん、冷たく・・なる・・

・・・・

・・・

・・

zzz…

スポンサーリンク




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(はい!お目覚めですか!!)

 

 

 

そう、冷え性は辛いですよね!

 

あなたも冷え性ならきっと

冬場のフローリングとか?

スリッパなしでは歩きにくくないですか!

 

 

管理人の家もフローリングなのですが

冬場はとても冷たくて、かなんです。

(関西弁「かなん=いや」)

 

 

えぇえぇ。

 

 

あなたの悩みも一緒なんですね!

 

 

管理人もお部屋を改築した時

高くても”床暖”にしたらよかったと

何度も後悔してますぜ〜…。

 

 

最近は、買い物に出かける度に

もっぱら暖かそうなスリッパばっかりを

物色してます!

 

 

特に最近のおすすめアイテムって…!

  • ふわふわで暖かい!
  • 裏地がモコモコ!
  • 歩くだけでモップ掃除できる!

 

 

結構いいやつ出てるんですよね〜。

そんなの見ると、つい悩んじゃいます。

 

 

「お前は女子か!」

 

 

なんて、言われそうな気がしますがね〜

 

heyhey〜HAHAHA〜🎵

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

で、真面目な話を致しますと。

 

 

 

冬の寒さからの『冷え』って

結構、侮(あなど)れないんです。

 

 

年齢を重ねるごとに徐々にそれは蓄積され…

突然何かの病気になる可能性だって十分にある。

 

 

 

身内でも実は…

 

 

お酒・ビール好きな方が、いつも飲んだ後

お腹を出して寝るという行いを繰り返し…

 

 

それが直接の原因かは不明ですが

 

最終的に『胃がん』になって闘病生活…

色々と他にも併発し、

約5年後に亡くなられました><

 

 

油断・蓄積って怖いですよ〜。

 

 

お腹を冷やすっていうことも

実際かなりリスキーなので、ほんとやめましょう。

 

 

最近は若い人向けに、

おしゃれな腹巻きとかもありますし!

 

 

「まだ若いから…」といって恥ずかしがらず

色々便利な道具を使っているとか?

 

今から対策しておくことは

 

とても、大事ですよ!

 

 

 

その積み重ねた結果は必ず!

将来の自分のためにもなる。

 

と、ポジティブに考えております。

 

 

気づかない間に体を冷やす習慣とは?

 

では本題です、お待たせいたしました。

 

 

最近、管理人は本屋さんでとある本を手に取り

パラパラっと立ち読みしてみると…?

 

 

『冷え対策』について的確で

今すぐにでもできるような内容が書いてあり

 

 

節々で分かりやすい絵なんか使っちゃったりで

スーッと自然に頭に入ってきた本がありました。

 

 

 

「おぉ…いい〜じゃん。フルグラ。」

 

 

 

ということで、即購入。

 

 

いざ家に帰り読む…

 

 

ふむふむ…

 

ふむふむ。

 

 

 

そして

 

 

「あぁそうか…」

 

 

私は『冷え』に対して

正しい知識を持ってないんだな…って

改めて反省しました。

 

 

この世の中には色々な人が

『冷えに関する』本を出版されたり、

『予防法』を作ったりと、

 

 

沢山の『情報』が公開されているわけですが

 

 

今回、ご紹介するのは、

 

 

『石原クリニック 副院長』”石原新菜”先生

による著書を参考に、

 

 

自分なりに実践、解釈したこと

勉強になったことをご案内いたします。

 

 

もちろん人によって

『冷え』に対する改善策が違う場合もありますが

一つの参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク



① 一日3食の食事について

  • 食事は一日、3食がっつり食べた方がいいのか?
  • 3食にこだわらず、食べた方がいいのか?

 

 

まずはこちら。

 

 

これは当たり前なことすぎて

逆に深く考えたことなくないでしょうか?

 

 

1日3食。

 

 

忙しい時は2食・・事情により1食の方も?

もしかしたらおられるかもしれません。

 

 

 

でも基本は朝昼晩の3食ですよね。

 

 

 

『食事』は直に身体に取り入れるものなので

人によっては良い効果、良くない効果も千差万別。

 

 

昔、知人に言われた言葉が

とても印象に残ってます。

 

 

「今のあなたの体を作っているのは

あなたが7年半前に食べた物だよ。」

 

 

おぉ…とちょっと焦る。

 

 

あの不摂生してた時代がgagaga…

 

 

飲み会のお酒に

コカ・◯ーラ… ファーストフード…

ポ◯トチップスだけのご飯…

カップラーメンにコンビニの清涼飲料水…

脂っこい食事…

駄菓子…

チョコビス….

 

 

あぁあぁーーーーと

気にするとキリがありません。

 

 

と言いながら

今でも食べますけどね(反省)

だって美味しいんだ。

 

 

 

でも量は確実に控えておりますよ。

 

 

 

という、そんな話はもさておき…

 

 

 

これは前に記事で書いた通り

『冷え性』の原因の一つには

 

 

運動不足や食事の不摂生などによる

血液の流れが悪いという理由があります。

 

 

 

『血液の流れが悪いとどうなるのか?』

 

 

 

それは様々な病気の原因になり

今回テーマの『冷え性』で言うなれば、

 

体内で暖められた血液が指先、つま先までスムーズに流れていかず

身体をくまなく・効率よく

暖めにくいという事になります。

 

 

では、ここで一つ目の課題。

 

 

『3食のがっつり食事とどんな関係が?』

 

 

 

これは成長期の頃は丸々3食という

毎日しっかり!がっつり!

食べることはとても大切ですが

 

 

身体も程よく成熟した大人になると?

 

 

いくらご飯が大切だからといって

『ガッツリ毎日3食分』

お腹一杯いただくことで

 

実は『栄養過多』になりすぎているんです。

 

 

そうやって

取りすぎて余った栄養が、血液を濁してしまう

ということに繋がります。

 

 

石原先生が仰るおすすめ食事に

  • 朝はにんじんジュース
  • 昼はお蕎麦
  • 夜は和食

 

といった多少なり淋しい食事であっても

 

 

身体に必要な養分は、ある程度摂取でき

不要な老廃物は、汗・尿・便にて体外へ排出され

血液が綺麗になるとのことです。

 

 

 

サラサラの血液を目指すことは!

『冷え』を改善してくれる助けになる。

 

 

ということに。

 

 

健康番組でもよく

「食べ過ぎはダメですよ〜><」

 

 

と言われますが、

意外にも食べ過ぎは『冷え性』にも

直接関係してくることだったんですね。

 

 

…おかなが減ったら

極力は『腹八分目』でいきましょう🎵

 

 

食べること自体は大切なので、

 

『3食にこだわらず適量食べる』

というのが冷え性の場合、重要ということですね。

 

 

 

② 飲み水について

  • 1日2リットルの水を飲む?
  • 水は飲みたいときに飲む?

 

次はこちら、水分の摂取について。

 

 

ある意味これも常識の範囲ですが

個人レベルで結構変わってきます。

 

 

人間が取るべき水の摂取量は

1日約2リットルと言われています。

 

 

でもアスリートや健康意識の高い方以外は

 

「毎日2リットル飲まなきゃ飲まなきゃ」

と気にしている人は、あまりいないでしょう。

 

 

 

特に『冷え性』の方が気をつけるべき点は、

 

『ある意味一般常識』だからといって

1日2リットルを必ず取る必要はないということ。

 

 

もともと身体が冷えやすい状態の人は

いくら水を摂取しても

しっかり細胞まで必要な水分が届かず

『逆効果』で体を冷やす原因になりやすい。

 

 

今回、参考にさせていただいている

 

 

石原クリニックの副院長

『石原新菜』先生曰く、

 

 

『水分はあなたが喉の渇きを感じたら飲む。』

 

 

シンプルですが、案外これで良いらしいです。

 

 

(え!何それ!

って感じもありますが意外に大事なことなので)

 

 

もし可能であれば

冷たい水よりも、体を温める効果のある

 

『にんじんリンゴジュース』

『しょうがの紅茶』

 

を飲むと良いそうです。

 

 

にんじんとリンゴ、生姜は

内から身体を温める効果が期待できます。

 

スポンサーリンク



③ 体を温めるワインはどっち?

  • 赤ワイン?
  • 白ワイン?

 

 

ワインはお好きですか?

 

 

管理人はたま〜に飲みますが

基本お酒は強くないので、

ほんと嗜む程度です。

 

 

でも寒い冬場にハァ〜と

体を暖めてくれるのはお酒ですよね。

 

 

ロシア人は毎日ウォッカを

水のように飲んでるって言いますけど(笑)

 

 

アルコールは濃度の強い種類だと

一口で全身が『カァ〜〜!』となります。

 

 

 

もし毎晩飲むほどに好きな方で

『冷え性』の方には

 

 

『陽性の赤ワイン』がおすすめ。

 

 

ん?『陽性』って何?

となる方へ簡単にご説明します。

 

 

人の身体は大きく分けて

 

 

『陽性体質』『陰性体質』

 

 

またどちらでもない

 

『中庸体質(ちゅうよう)』に別れます。

 

 

お時間ある方はネットで、上記のワードを

一度ググってもらうと解説が出て来ます。

 

 

ここで話すとめちゃくちゃ長くなるので

あえて詳しい説明は省きますが、

 

要は、管理人のような『冷え性』の身体は

 

 

主に『陰性体質』と呼ばれています。

 

 

その逆を『陽性体質』と言い

対比構造になっているわけですね。

 

 

なので『陰性体質』の人は『陽性の食物』を

身体に取り込み、バランスを中和させると良い。

 

 

それが、一番の対策方法であり

『冷え性』の改善に繋がります。

 

 

 

ここでは若干ざっくりした説明になりますが

 

 

『赤ワインは陽性』だと覚えてください。

 

なのでこれは体を暖める効果が期待できます。

 

 

その反対で『白ワインは陰性』

夏場など体温を下げる時にはいいですね。

 

 

 

他のお酒はどうか?

 

★陽性のお酒(体を暖めるお酒)

紹興酒、日本酒、いも焼酎、梅酒、ブランデーetc…

 

★陰性のお酒(体を冷やすお酒)

ビール、ウイスキー、麦焼酎etc…

 

※ウイスキーや焼酎は、お湯割であればOK!

 

 

また”おつまみには

『塩っ気のあるもの』や

『味噌などの陽性食品』を選ぶと良いです。

 

これらも陽性の食べ物です。

 

大まかな一覧はこちらです!

 

 

冷やす陰性食品あたためる陽性食品
うどん、白米、白パンそば、玄米、黒パン
夏野菜、なす、きゅうり

もやし、大根、トマト

にんじん、ごぼう、

根菜類、かぼちゃ

バナナ、パイナップル

グレープフルーツ、マンゴー

キウイ、スイカ、メロン

リンゴ、さくらんぼ

ぶどう、プルーン

白身の魚、豆乳

豆腐、白ごま

赤身の魚、魚介類

納豆、黒ごま

白ワイン、ビール

緑茶、コーヒー

赤ワイン、黒ビール

梅酒、紅茶、ココア

酢、マヨネーズ

白砂糖

塩、みそ、醤油、

黒砂糖

 

もしかすると『冷え性』の方は

左の陰性食物を食べること多くないですか?

 

これを期に右側を中心に選択を変えれば

冷え性の改善に期待できます。

 

 

生姜商品専門店の【温効生姜】でぽっかぽか!


 

④ 体を温める乳製品

  • 牛乳を飲む?
  • チーズを食べる?

 

お酒を飲むとき、おつまみに

『乳製品』をチョイスすることもしばしば。

 

 

でも実は…

 

知らない間に体を冷やしてしまう

『陰性食品』を食べてしまっている場合もあり。

 

 

 

ちなみに『牛乳』は体を冷やす『陰性食品』

 

 

 

でも発酵して色が濃くなり、

硬くなった『チーズ』は『陽性食品』変わります。

 

 

(ややこしいですよね、色々と奥が深い)

 

 

また『ヨーグルト』はどちらでもなく『中性』

 

 

しかしヨーグルトも冷蔵庫で冷やすと

体を冷やしてしまうので

 

『中性』とはいえ、常温で食べる方が良いです。

 

 

先ほども伝えた

『リンゴ』や『はちみつ』を入れて食べると

『陽性食品』に変わるので

 

ちょっと一工夫するだけで

『冷え性対策』になります。

 

 

 

⑤ グリーンスムージーは体を冷やす

  • グリーンスムージーを飲む?
  • にんじんりんごジュースを飲む?

 

 

近年は健康志向、

美肌志向の流れもあり

 

家や外出先で喉が渇いた場合には

 

「そうだ、グリーンスムージー飲もう🎵」

 

という方も、

特に女性の中には多いのではないでしょうか?

 

 

Q・グリーンスムージーって何?

グリーンスムージーは主に葉野菜とフルーツを
ミックスしたドリンクで、

青汁とは違いフルーツが入ってる分
苦味が抑えられ飲みやすいのが特徴です。

 

 

でもちょっと待ってください。

 

 

「葉野菜って体を冷やす効果があるのでは?」

 

 

そうです!

 

そうなんです!!

 

 

『青汁』も『グリーンスムージー』も

体を冷やすので、

 

冷え性の方は特に注意してほしいところ。

 

 

同じ ”健康になる為!” と考え身体への労っても

やり方を一歩間違えると逆効果に><。

 

 

まずは自分の身体の性質を理解しましょう。

 

 

 

しかもグリーンスムージーには

フルーツが一緒に入ります。

 

 

適度なフルーツの摂取は

身体にも良いのですが…

 

 

『バナナ』や『パパイヤ』『パイナップル』

『マンゴー』などは『南国フルーツ』

 

 

『南国フルーツ』は暑さから守る為にも

体を冷やす効果があるんです。

 

 

そう『陰性食材』なんです。

一緒にミックスするときは気をつけましょう。

 

 

もし喉が渇いて

何かフルーツ系を飲みたいときは?

 

 

石原先生の薦める

『にんじんリンゴジュース』がおすすめです。

 

 

まとめ

 

『冷え性』の方は実は、普段の生活習慣の中で、

知らずにやってしまっている、

 

 

特に、普段食べる物から、知らない間に

『冷え性体質』になってしまっている場合があり

 

 

管理人の場合はもうほぼこれですね。

 

 

先ほどの『陰性』『陽性』の食べ物表を見ると

明らかに左側の物を食べていましたし

 

うどん、コーヒー

白身魚好き、豆腐、なす、きゅうり

大根、白ごま、etcなど…

 

 

かなり好きなものばかりです。

 

これからは陽性の食べ物を中心に

取り入れていきたいと思います!

 

 

まだまだ『冷え性対策』について

ご紹介できることがたくさんあるので!!

 

是非、次回もお楽しみに〜!

コメント