【ゴルフ7】ハイラインのレビュー!2年以上運転した感想と評価

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

今回は珍しく、車のレビューをします。

特に車に興味がない方はスルーしてくださいね。




当ブログ管理人は

『車好き』ということもあり

外観・内装などをいじるのが結構好きでした

今ではもう、その辺りの散財も落ち着き笑

車はノーマル一番!という思考に戻りましたが

(おかえりなさい!)

現在、管理人は

フォルクスワーゲンのゴルフ7という車。

いわゆる、Cセグメントの王道と呼ばれる大衆車

それを愛用しています。

過去に車歴は5種類

全てHONDA党といった感じでした。

初めはHONDAの軽から始まり、

3列シートワゴン、ミニバン

スポーツタイプと変わりずっとHONDA車

しかし、2年程前に

人生で初めて国産車以外

という選択をしました。

突然、何を血迷ったのか、

家族からも「やめとけば?」

的なアドバイスもありましたが笑

何か漠然とした

憧れ?というのがあったんでしょうね

そんな反対も押し切り

実際に購入した時は嬉しくて

すぐレビューすればよかったんですが

その頃はまだ

この『ブログ』すら初めてなかったりで

それに買ってすぐでは良さもわからず、

使い勝手もなんかも

わからないこともあると思い

数年乗ってみて

いつかどこかで、機会があれば?

レビューを書こうかなという感じでした。

というところで、今かなと

もし今後、管理人と同じように国産車から

VWなど外国の車に乗り換えようと考えている方へ

少しでも参考になれば幸いです。

今回はゴルフ7のハイラインのレビュー含め

『メリット』『デメリット』などお話します。

スポンサーリンク

ゴルフ7 ハイラインのレビュー

まずこの車のスペックなどについては

詳しくは省きますね。

多分この記事をよんでくれる方は

ゴルフの『インテリア』や

『エクステリア』について

VWの公式HPやカタログなどで

すでに見られてると思いますので。

それよりもゴルフ7という車は

実際に生活の中で

乗ってみてどうだったのか?

ということを知りたいと感じます。

なのでレビューとしては、

管理人自身も購入する前に悩んだ

いくつかのポイントを中心に書きますね

例えば

  • 維持費・価格
  • 外車は故障すると聞くけど大丈夫か
  • 乗り心地や燃費・性能
  • 購入後に困ったこと・失敗したと思ったこと

この辺りについて。

ゴルフ7の維持費・価格についてのレビュー

まず、気になる車の維持費。

管理人は2年前に新規で購入したため

同じクラスの国産車の”相場”と比較すると

多少、割高感というのは感じました

もちろん、中古車を探せば

それなりにあったと思います

ネットで見ても沢山良いのが出ていますし

あなたの好みにあったオプション・仕様など

球数もそれなりに多いので見つかると思います

しかし、外車の中古は怖い

数年後あたりから問題がでる・・

ともよく聞いていたので

個人的に初の外車。

それもあって『中古』というのは

少し怖い気持ちがありました。

しかし、後で記載しますが

そんなことない、かもしれない事実もあります。

えぇえぇ(意味深)

価格の話に戻しますが

ゴルフ7は昨年マイナーチェンジし

価格が少し上がりました

現在、Golf TSI Highline(1.4L+7DSG)

車体価格が 325万9000円(税抜き)です。

およそ2年前は

297万(税抜き)くらいだったと思います。

正直、それでも1.4Lのターボとはいえ

ガソリンもハイオクで、車体税抜き300万近く…

普段、大金持ちでもない管理人とっては

かなり勇気のいる選択です

しかしその頃に、例のニュースでもありましたが

海外でのVWディーゼル問題が発覚。

色々と国内のVWディーラーさんも

販売に苦戦していた雰囲気もあったようで

ブログ管理人が購入した時期がよかったのか

値引きなどの対応も普段より検討してくれました

(声を大にして言えませんが、過去最大の値引き)

それでも、実際に購入するとなると

思った以上に、車体以外の料金も高く

例えば必要なオプションを最低限としてつけると

  • フロアマット
  • ボディのコーティング
  • カーフィルム(スモーク後ろ3面)
  • サイドバイザー  etc…

この辺りは国産車でも

セットするのが一般的に多いかと思いますが

合計で179,000円

またVWには安心保証ということで

付帯サービスがありまして、

これに入らないと相当怖いです。

  • プロフェッショナルケア
  • ニューサービスプラス
  • ウォルフィ2年
  • 延長サービスプラス

新車購入から5年間は故障しても無償保証が適応

例えば、エンジンが壊れても、無償という

最強の保険ガードです。

(最低3年のケアには入るべきです)

正直、かなり値段が高いのですが

点検の際には

エンジンオイルやワイパー、ウォッシャー液など

期間中はほぼ、小物関連の

お支払いがいらなくなりますので

その辺りは嬉しいですね(値段により気持ち…)

(この辺りは、はいはいと話を聞いていたので

元からサービスなのか?はちょっと不明です)

でもこれをつけないと

本当に初めての外車としては怖かった…

特にゴルフで一番心配されている『DSG』

新世代のトランスミッションですね。

これが壊れたらもう修理費が

百万単位になりそうなので必ずつけた方がいいかも?

このケア費が合計163,000円

その他、税金関係、販売手数料関係含め

今回、半分ローンで組んだこともあり

分割手数料なども含めた、総額は400万弱

また、ここから月々の任意保険代に

毎月の走行量に応じたガソリン代(ハイオク)

翌年から重量税などかかることを考えると

なかなかの金食い虫です。

なので車に興味がない方からすれば

ありえない出費ですよね。

個人的にはスマホ関連などで

散財する方の気持ちが

わからないのと一緒何でしょうけど汗

ゴルフ7 ハイラインの燃費

生活に身近な車の『燃費』に関しては

  • 街中で12〜15Lあたり
  • 高速で15〜20Lあたり

平均すると約15L前後といった感じです

ターボ付車では良い方ではないでしょうか?

とポジティブに捉えていますが、

エアコンなどかなり使う方はもう少し下がります。

またハイラインは走行モードが選べるのも

ポイントですね。

  • ecoモード
  • ノーマルモード
  • スポーツモード

チェンジはシフトノブの

サイドのワンボタンで切り替えができ

ステアリングの重さ、エアコンの効き具合など

カスタムに設定できます。

スポーツモードに関しては、ボタン以外で

シフトノブを手前にグンと引けば簡単切り替え可能。

高速の合流などで凄く使いやすいですね。

燃費に関しては

ecoモードだと平均15L〜17Lは余裕でいき

本当にアクセルワークを気にすれば20L可能です

スポーツモードにすると12Lぐらいです

普通の通勤で利用や、週末だけの利用

それぞれシーンによっても変わるので

あなたの走行距離とイメージしてくださいね。

スポンサーリンク




外車は故障すると聞くけどゴルフ7ハイラインはどうか?

これに関しても正直に話しますと

当たり外れによる場合が大きいかも?

ちなみに管理人の場合はですね。

これ関しては、

若干外れを引いたかもしれません(汗)

なんと購入後、1ヶ月以内に一度故障しました

いや、笑えますよね

国産車ではそんなことありえなかった笑

会社は「壊れる壊れる〜」とは聞いていたけど

1ヶ月以内とは聞いていない

で、その故障の内容としては

信号待ちで急にエンジンが停止するという

結構恐ろしい症状でした

もともとエンジン音が、かなり静かなので

普通に停止していても、エンジンかかってる?

って感じになるくらい、静か

(それも気に入ったポイントでした)

ただそのエンジンが止まった時は

青信号でアクセル踏んでも進まないので

「えぇ..」って画面見ると

エンジンが止まってるっていう状況

すぐさまシフトをパーキングに戻し

スターターを押せば

またエンジンが掛かったので

その時は幸い事故などはなかったのですが

その後も1週間で、不意に2〜3回…

流石に怖くてすぐにディーラーに持ってくと

検査の結果、

アイドリング関連のパーツの損傷とのこと。

それは保証もあるので

無償で修理してもらいましたが

1週間ほど代車での出勤になりました。

もしかしたら、普通なら怒り新党ですが

個人的にVWのディーラーさんは

めっちゃくちゃ素敵な方ばかり。

管理人がお世話になっているところは特に

そもそも今回、VWを購入したのも

ほぼディーラーさんの対応の素敵さ

正直、車は2の次でした。

本当お客さんの気持ちがわかる人だなって

初見でも思ったので好印象でした

だから、故障もわざとじゃないだろうと。

怒ることもなく

逆に無償で直してもらえて感謝な感じです。

でも『外車』ってやっぱり、、

そういうことあるんだなって

少し、お勉強させてもらった感じです。

よりメンテナンスや日々のチェックは

怠ったらダメだと感じました。

でも気をつけていても

素人には、エンジン部分のパーツは流石に

わからないけですけどね…。

ちなみに現在はナビゲーションの問題で

1箇所エラーが出ています笑

近々修理に行く予定で

ディーラー曰くこれも無料でOKだそうです。

直接、命に関わらない故障でなければ

まぁ、良しとしましょう。

ゴルフ7ハイラインの乗り心地や性能の評価は?

これに関しても

正直な意見を言います。

良いこと書きまくっても『VW』から

金一封もらえるわけでもないので。

でもそうはいっても、車の運転に関して

ほぼストレスがなくなりました

「そんなまた褒めて・・」

って思われそうなんですけど

本当にこの車、良いんです。

といっても、

ブログ管理人は過去にHONDAの車しか

乗ったことがなく

知人の車や、過去のディーラーでの試乗など

また会社の車の運転経験くらいしかないので

もともと比較できるものが

車評論家のように多くないです

でも、そんな素人目からすると

『Golf7』はやばいってなります。

運転してると「これ本当に良い車だなぁ」と。

排気量も小さく1400cc

近年ダウンサイズのターボ付きって

少し流行り的な感じありますが

ゴルフに関しては本当、これベストです。

排気量あげると税金も高くなるし

色々とパワフルすぎるところもありますし。

昔HONDAのオデッセイのアブソリュートに

乗っていた頃がありますが

(2400cc/スポーツタイプ)

それにも負けないくらいの力強さがあって

なんせこのクラスではトルク感がすごい

VWのカタログ数値的なもので話すと

トルク:250Nm(25.5kgm)

それも1000回転〜2000回転あたりで

どんと付き出るので、

大人を5人乗せて、停車から発信で

少し強めにアクセルを踏むと

後ろから急にどんと押されるような強さを感じます。

国産車から乗り換えた方は

このアクセルの感覚を体得するまで

1週間ほどは慣れがいるかもしれません

ブレーキも一緒で、かなり効くので

同じくらい慣れが必要です。

もちろん人間はすぐ慣れる生き物なので

一度慣れてしまえば

すごく街乗りしやすい車です

1400ccでも軽くアクセル踏むだけで

グイーンって走ってくれます。

しかし、この辺りの感覚が

よくあるゴルフ7のレビューで

アイドリングストップからの

発信がギクシャクするというところに繋がります。

その理由は、個人的な想像ですが

ゴルフ7は信号手前などで

ブレーキを踏んで完全に車が停車すると

勝手に電動サイドブレーキをひいてくれる機能が

(もちろんON/OFF可能)

そのサイドブレーキが一度かかっている状態で

アクセルをコツンと足でアタックすると

すぐにサイドブレーキが上がり解除されます

それでいわゆるクリープ状態になります

(ATで車が勝手に進む状態のこと)

それを解除する前に、

急に進もうとしてアクセルを踏み込みこむと

サイドブレーキが軽くかかってる状態から

急に発進することになるので

唐突に挙動が起こす場合があります。

これを再発進時のギクシャク、

強いショックと感じる方も正直多いです。

ただ、これも一度

アクセルの踏み方のコツさえ覚えれば

全く気にならなくなります。

もし、それが嫌な方は

常に自動サイドブレーキというのを

手動に切り替えて置くことをお勧めします

ただ、これは大変便利なので、

一度慣れると手放せなくなります

(信号待ちでブレーキずっと踏まなくても良い)

あと同じ『ゴルフ7』でもタイプ違いの

  • コンフォート
  • トレンドライン

に関してはエンジンは1.2Lなので

若干出力・トルクなどの数値は下がります。

1.2Lだとやはり物足りなかったです。

また『ハイライン』に関しては

他の2つと違って、リアサスペンションが

『マルチリンク方式』になっていることで

後ろのタイヤの地面からのショックの受け方が

とても柔らかい

後輪が2輪共に、独自で動くサスペンションなので

路面の凹凸を、それぞれのタイヤが

いい感じで吸収してくれるというイメージ

コンフォートやトレンドラインだと

『トーションビーム』といって

簡単に言うと後輪が2輪とも固定されているので

路面の凹凸に素早く反応し

コツコツ衝撃を受けやすい所があります

その分、トーションビームのメリットとしては、

キビキビ走るので、乗り心地重視というよりは

カーブでのロールの安定性や

瞬発力みたいなものは上がります

この辺りも好みと考えれば良さそうです。

どちらがいいということなないですが

管理人は、比較した結果は断然ハイライン

これはリアシートに家族を乗せることが多かったり

年配の方を乗せることが多い人は

ハイラインの方が良いでしょう

そしてさらにオプションでDCCがついていると

さらに乗り心地もよくなるみたいですが

試乗した感じでは、DCCなしのハイラインと

違いがあまり感じられなかったです。

現在のゴルフ7のマイナーチェンジで

DCCのオプションがあるか不明ですが…。

そういえば、同じCセグメントの中でも

ゴルフ7のライバルとなるであろう車種

『マツダ アクセラ』のディーゼルタイプ

(値段が車体300万越えの一番高いやつ車)

これも同じく後輪のみ

『マルチリンク』が採用されています。

ただトーションビームと比べて

生産コストが上がるので、

上位車種に採用されているといった感じでしょうか

トルクに関しては

マツダアクセラのディーゼルの方は

『42.5Nm』くらいのトルクで

ゴルフよりも上ですが

数字では表せないところなのか

ゴルフは普通に負けていないと感じました。

(両方で試乗済)

ゴルフは車体がコンパクト

だというところが大きかもしれないです。

街中の走りでは、最近の軽自動車みたいに

かろやかに、キビキビ〜みたいな感じとは少し違い

高級車のようなどしっとした雰囲気を

少し醸しつつ

しっかり小回りもきいて

グイグイと走ってくれる感じです。

それに、管理人がゴルフ7の好きな部分として

ドア自体に、ほど良い感じの重みがあります。

『軽』と比較すると違うのは当たり前ですが

乗り込む時のあの、「バン!」みたいな感じはなく

「ドン」っていう、

多少ニュアンスが表現しにくいですが

重厚感を感じながら閉まる雰囲気があります

車音で比べると、

閉めた途端に車外との音と車内の静かさの差を

耳ではっきり感じれることですね。

静寂性に関してはこのクラスだと

もうトップクラスです。

また、最近の車はシフトをリバースにすると

バックカメラが起動して、ナビに後ろの映像を

映してくれますが

雨の日など、雫が垂れてモニターに映り込み

後部の映像が見えにくくなる時がある

という難点がありました…

それがゴルフでは、リアハッチについている

『VW』のロゴがクルッと回転して

中にバックカメラが設置されているので、

そもそも水に濡れたり

いたずらされたりすることが100%ないですね。

初めて見たときこれは

海外デザイナーのセンスを感じました。

あと、高速走行なので便利な

クルーズコントロールですが

これも高速では手放せない機能の一つです

セットすれば前方の車の速度に合わせて

ひたすらついて行ってくれるので

アクセルは踏まなくてもOKです。

やはり長距離ドライブでの

足が疲れないのが良い

多少のカーブであれば前方カメラが

白線を認識して、

ステアリングを自動で修正してくれます

あくまで補正程度ですが、ありがたい機能です。

ただステアリング補正はあくまで補正なので

ステアリングから一定時間手を話すと

ピピーっとアラームがなるので、

正直うるさい。

ちゃんと握っていても直線道路だと

左右の動きがない!って怒られますので

次に、リアシートに関してですが

座った感じは、かなり深めです。

腰がすっと収まる感じ

その分、体を支える安定性はあるので

アームレストと合わせると

左右に振られることは少ないでしょう。

と言っても、このあたりは

個人の体の大きさなども影響するので

文字で説明しても正直わかりにくいですね。

スポンサーリンク




ゴルフ7を購入して困ったこと、失敗したこと

最後にこのテーマで締めようと思いますが

正直、まだ運転して2年少しですが

デメリットというデメリットが思いつかない

強いて言えば、

購入後にいきなり壊れたことでしょうか

(また今後も可能性がありますが)

車としては、ゴルフ7を購入してから

もう他の車を欲しいと思うことがなくなりました。

昔からのゴルフを愛するオーナーが

買い替えも、新しいゴルフを買う人が多いという

理由がわかる気がします

ハッチバックのCセグメントの車を選択する

という人には、本当にオススメです

おそらく、今後の故障レベルによって

それがデメリットになる可能性はありますが…

それはどの車をかっても一緒なので。

でも、何度か両親を乗せた時に

後ろのリアシートが少し深くて

乗り降りがしにくいと言われたことがあります。

管理人は運転席が多いので

後ろに乗ることがほぼなく

あまり気がつかなかったですが

年配の方したら少し考えるポイントかも?

あ、でもそう考えるとドイツ車って

足回りが少し硬めなので

タクシー見たいなあのフワフワ感はないですね

それが気になる人には気になるかもです。

特に一人で乗っていて

ガソリンが少なくなってくると

重量が軽くなって多少路面の凹凸で

跳ねやすくなります

ハイラインはタイヤが17インチ

というところも影響しますので

気持ちゆったりと走りたい方は

ガソリンも満タンに近くして

そこそこ重みをかけた方が

運転していて適度な重量感で安定します。

細かいですが

管理人はそう感じましたよ。

かなり文字数が多くなってしまい

ここでは書ききれませんが

もし気になるところがあれば

コメントいただければ、補足&追記しますので

気軽におっしゃってください。

それでは最後までお読みいただき

ありがとうございました

【Google先生が抜粋した記事】






スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする