【AbemaTV】朝青龍の挑戦者が残念だしボブサップが意味深すぎ?

シェアする

#朝青龍を押し出せるのは誰だ!

12月31日に行われた

『AbemaTV 朝青龍を押し出したら1000万円企画』

その中で登場した選手達がそれぞれ個性的でした。




中にはでかい口を叩いた割には

お約束通り瞬殺される挑戦者もいたりで

残念な選手もいましたが、ある意味笑えました。

もちろん企画として『ネタ演出』も込みありなので

総じては、楽しめる企画だったのではないでしょうか

今回はその内容をさらっとご紹介します。

スポンサーリンク

AbemaTV 朝青龍への挑戦者

第68代横綱の朝青龍を押し出せば1000万円Get!

今回の挑戦者は全員で8名

世界で活躍する格闘家から、

ビッグマウスキャラやただの自信家など

また適用されるルールは

AbemaTVオリジナルルールとなる

『張り手』『立ち合いの変化』『カチ上げ』はNG

それ以外は全て、通常の相撲と一緒という内容。

スポンサーリンク



第1戦 元フランス外国人部隊 久保昌弘

こちらの挑戦者は、調印式の時に

朝青龍を見て…

「もっとオーラがあると思ってた」といきなり挑発。

前回の亀田興毅の1000万円の時の

元関東連合総長『ゆうた』氏の発言のように。

それを聞いた朝青龍も、正直

表情がイラっとしていましたが

当日ぶっ潰してやる?的な顔でした。

久保選手は普段、酪農業を営んでおり

乳牛の餌や、掃除、トラクラーを相手に筋トレ

体つきもムキムキでマッチョ体系!

元フランス外国人部隊ということもあり

身体には刺青も入っているいかつさ

準備期間のインタビューで

ーー朝青龍をどうするか?ーー

という質問には

『◯す!朝青龍を◯す!』みたいな勢いで発言。

コレはなかなかやるのでは?!と

視聴者も少し期待したが

いざ、土俵に上がるとやはり

朝青龍との体つきは明確すぎましたね。

とりくみが始まると、朝青龍は相手の回しを掴み

そのまま上に持ち上げて、土俵に叩きつけて終了!

なんともあっけない終わりでした。

少し痛そうだった(笑)

終わってからのインタビューでは

「…朝青龍にこ◯されました。」と

面白いぐらいに潔く負けを認め

なんだか拍子抜けでした(笑)

戦意消失的な?!

ーーまた挑戦したいか?ーー

という質問には、

もう僕は死んでいるので、そんな資格がないと、

なんだか素直すぎて逆に好感度上がりましたね。

結果:朝青龍の勝ち

第2戦 京大卒のインテリファイター 徳原靖也

京都大学出身の頭脳派のインテリ選手!

偏差値86というIQの持ち主で

力より頭脳で攻める!といったある意味ネタ選手

相撲にそんなの通じないでしょっと(笑)

言いたいところですが、

企画なんでそこは突っ込まずスルー。

しかし事前のVTR紹介では

ナルシストさと上から目線の態度にイライラ

カフェで『朝ティー』をしないと脳の動きが

駄目と言い出すようなキャラで(笑)

コメント欄でも「早くぶっ倒せ!」みたいな。

そんな強気な態度ですが

挑戦者の身体はブヨブヨ、腹もゆるゆる

締まりが無い、筋肉もないという

どう考えてもネタ選手なのでそこはスルー(笑)

もちろん、とりくみでは瞬殺。

挑戦者は朝青龍は右膝を痛めているとい情報から

そこを攻めた感じでしたが、

終始、懐にするに潜り込み上がれず

そんままダウンで終了。

インタビューをしていたお笑い芸人『ナイツ』も

「早くぶっ倒してくんねーかな」という

言葉をかけていたので、

ある意味汚れ役のキャラでしたね。

結果:朝青龍の勝ち

第3戦 アテネ五輪 柔道銀メダリスト 泉浩

アテネオリンピックの柔道で

銀メダリストです。

これはかなり期待でしたね!

今までの2人と違い、ガチの選手ですからね。

今回は新しい子供の誕生の為にも

絶対に勝ちたい!という思いを胸に挑戦。

体つきも結構良くて

いい感じに勝負になるかと思いきや

意外とすんなり負け…

あれって感じでしたが

やはり柔道と相撲では違うのか。

結果:朝青龍の勝ち

第4戦 ブラジリアン柔術の世界一 リダ・アイザム・アイザック

ブラジリアン柔術で世界一と言われる挑戦者!

身長2mを超える長身ですが、

でも相撲で柔術はどうなのか…?

っていうのが率直な意見。

挑戦者は朝青龍のことは

スポーツマンとしても尊敬しているようで

だからこそ勝ちたいとう思いで挑戦。

でもブラジリアン柔術は殺人拳では

最強なイメージもありますが、

体系がほっそいので、流石に相撲では通じず

実際のとりくみでは

捕まり後方に投げれて終了。

結果:朝青龍の勝ち

第5戦 プロレスラー スーパー・ササダンゴ・マシン

普段はDDTプロレス、松竹芸能に所属する

現役のプロレス選手の方でした。

今回AbemeTVからは、この番組の箸休め、

変化球枠で出場依頼だったそう(笑)

賞金の使い道はAbemaTVで

来年「ササダンゴに買ったら1000万円」を

やりたいらしいです(笑)

会場に登場するとお得意のプレゼンで

暴露していましたが

本人は勝負は勝ちに行くという気持ちで挑戦!

試合前のパワーポイントを使ってのプレゼンでは

朝青龍に勝つためのポイントをまとめ発表

中身はほぼネタで

パフォーマンスという感じでしたが

そこそこ面白かったです。

実際のとりくみでは

これが一番長いとりくみになりました!

体格、パワーもやはり現役ということもあり

朝青龍も少し警戒しながらの戦い。

お互い掴んで離さず!

というシーンが続き

挑戦者は途中マスクを取られるというハプニングも

仕込み?なのかわからないですが

会場は盛り上がりました🎵

だが最後は、朝青龍に投げられダウン。

やはり朝青龍は強い!

結果:朝青龍の勝ち

第6戦 元アメフト日本代表 清家拓也

タックルのパワーが196kg!

正面からの体当たりが強烈な挑戦者

身体つきもしっかりで、

これは相撲でも十分に通じる体格の予感。

朝青龍もずっと連戦で、

先ほどのササダンゴとの試合もあり

そろそろ体力がやばいかなと思う部分もあり

この時点で残り体力60%ほどといったテロップも。

実際のとりくみでは、流石に

しょっぱなのぶつかりは一番本格的!

ばちん!という音の後のお互い譲らず

しかし朝青龍が本気で攻めると

やはりアメフト選手でも隅に追いやられ

そのまま投げられて終了〜!でした。

でもいい勝負でしたね!

結果:朝青龍の勝ち

第7戦 ボブサップ (最後意味深すぎ)

14年前にK1で曙を倒したこともありましたね。

アームレスリングでは優勝したこともある程

豪腕の持ち主です!

現在は拠点を海外に移し

トレーニングをつみ、現役と同じようにな

ボディを維持しているといいます。

でも若干足が細くなった印象でしたが?

いかつさは変わらずにありました!!

全身にマジックで何か文字を書いていたり

トルコの国旗?が体に貼ってあったりで

謎のメッセージを込めた感じでした!

実際のとりくみでは、多少フライング気味もあったが

ドキドキしましたが、

お互いに回しに手をやると

朝青龍のパワーが優っていましたね!

一瞬の隙をついで、投げ倒して終了!

結果:朝青龍の勝ち

スポンサーリンク



調印式の時にはボブ・サップから『乳首ボーイ』

と言われ、ちょっとキレ気味だった朝青龍でしたが

試合後は、ちゃんと握手して礼儀で終わるところも

相撲への愛が垣間見えた朝青龍でしたね。

ただ試合後のインタビューで

ボブサップがちょっとやらかしてました(汗)

ーー戦いが終わってどうですか?ーー

という質問に対して、

なぜかいきなり

「先月、友達が誘拐されて…」と話し始め

焦ったAbemaTVがCMに飛ばすっていう放送事故も

友達に何があったんだと…

コメントもざわつき、ガチで焦りましたが。

おそらく再放送ではカットされるでしょう…(笑)

大事でなければいいのですが。

第8戦 野球賭博問題で引退した元大関 琴光喜

これが最後の一番勝負でした!

というよりこの試合の為のこれまでの流れ?!

といっても過言ではないくらい

緊張感が半端なかったですね!

琴光喜は、あの野球賭博問題に関わり解雇され

相撲を望まぬ形で終えることになってしまったので

もう一度土俵に上がり、

朝青龍と対決ということで気持ちを整理!

朝青龍もガチの力士ということで

最後の戦いにお互い気合十分!

実際の取組では

もう緊張感が半端ない感じでした

ぶつかり!組み合って!

倒されようとしても耐える!

押すも押されぬ戦いで

最後は朝青龍の気合のパワーで押しだし

琴光喜がパワーに負け転げて終了でした。

結果:朝青龍の勝ち!!

おめでとうございます!

朝青龍を押し出したら1000万円の結果

最終的には朝青龍の優勝が決まりましたが、

最後の戦いで朝青龍が手を伸ばし、

転んだ琴光喜を起こす様はとても素敵でした。

AbemaTVの企画ではあり

戦う場所が国技館ではないものの

二人とも相撲が本当に好きなんだなって思えましたね。

『礼に始まり、礼に終わる精神』

またインタビューでこの土俵を最後に、

朝青龍は相撲から完全引退すると宣言。

色々な思いを込めて

相撲人生をここで終了します。

という言葉で締めくくり

もう涙無くしては見れない感動的なシーン!!

視聴者の感じた声は?


この年末年始の時期に合わせて

こうやって放送してくれたAbemaTVさんと

出演者の皆様に感謝をお伝えしたいですね!

またテレビに出てくれた朝青龍

お疲れさまでした!!

【Google先生が抜粋した記事】






スポンサーリンク

シェアする

フォローする