▷進撃の巨人 アニメ3期 1話〜最新話を視聴
スポンサーリンク

【さまぁ〜ずの神ギ問】1月13日スペシャルの内容と解答は?【感想】

スポンサーリンク

 

お笑い芸人『さまぁ〜ず』の

「あなたの疑問教えて下さい」というテーマで

世間から色々な『疑問』を集め

 

 

スタジオのパーソナリティ

『さまぁ〜ず』と『ゲスト達』とで

10個以上の関連疑問を集めれば

 

『神ギ問』に認定

 

 

『神ギ問』に認定されなくても

該当インタビューでも

「あ、それめっちゃ気になる!」っていう

疑問に対しては検証します。

 

 

この記事では、2018年1月13日(土曜)に

放送された『神ギ問』と

内容・感想をご紹介します。

さまぁ〜ずの神ギ問 スペシャルの内容と解答

番組の中には、

全国から沢山の疑ギ問を集めました。

まずはじめは

 




 

 

全国の自動販売機の下に落ちているお金って、全部集めたらいくらになるの?

 

まず番組では

全国にある自動販売機の数を調査する。

 

それは調べると何と250万台

 

全部調べるには相当な時間と労力…

 

一日に頑張って2000台づつ調べても

34年ほどかかる計算だ。

 

 

正直、途方も無い時間がかかるので

とりあえず2000台調べてから考えよう。

 

ということで早速街に繰り出す。

 

今回番組で調査できるのは3名のスタッフ

ひたすら、3人で東京都内の自販機を調べまくる。

 

 

調査には、自動販売機の管理人に許可を取り

手に入れたお金は後日警察に届ける。

 

 

実際に探し出すと

なかなかお金は見つからないが

 

調査から2時間経過した時

自販機16台目の調査で10円を初めて発見

 

少しテンションが上がるスタッフ。

 

 

そして、その後も続々と調査していくが

結果、1日目の調査で76台を調査した合計金額は

 

計 135円

 

意外とないもんですね〜。

 

 

まぁこんな感じで2日目の調査も継続していく

スタッフさんご苦労様です(苦笑)

 

 

それも近年は

電子マネーの利用が増えているので

そもそもコイン自体

あまり落ちていないことも調査でわかる。

 

 

ただ予想外な発見もあって

番組で調査していくと

自販機の下には、なぜここにあるのか?

所在不明のわからないものを発見(笑)

 

 

例えば…

『瓦』『弁当箱の中に入ったご飯』

『FREE HUGSの看板』『アザラシのおもちゃ』

『電球』『手鍋』…etc。

 

 

色々と出てきますが、

ほんとなんでこんな所にあるのか(笑)

 

 

で、結果ですが!

 

自動販売機2000台の調査で

見つけたお金は『2990円』

 

それを全国の自販機250万台とすると

単純計算して『3,737,500円』

 

 

ただ、これを統計として良いのか?

番組では少々疑問に思ったので

わざわざ専門家の統計学で導き出した答えは

 

約220万〜490万円になる

との結果でした

 

 

【おまけ】

ちなみにフジテレビの社内にあった

57台の自販機を調査すると

『11,086円』発見。

 

また世間での調査で見つからなかった

500円玉も発見したとのことでした。

 

 

英和辞書って初めどうやって作ったのか?

一番最初の『英和辞書』は

『アンゲリアコリンタイセイ』という書物らしく

1814年に完成した書物。

 

この頃、外国からの来航により

日本国内で徐々に英語が広まり、

当時の幕府が対策として作ったものらしい。

 

 

ただ『アンゲリアコリンタイセイ』という書物は

ほぼ <英単語→日本の単語>と書いてあり

およそ数千ほどの単語の読み・意味を

羅列したような書物だった。

 

 

それを現代の辞書っぽく、

意味なども含め、細かく記したのが

 

日本へ来日した『ヘボン博士』という人が作る

『和英語林集成』というもの

 

これが現在に一番近い辞書らしく、

 

1867年に完成したこの『和製語林集成』は

医者だった人脈も利用し

 

日本人とのコミュケーションの際に

なんでも聞きまくった情報をメモしまくり

ひたすら情報を集めて作ったらしいです。

 

地道な作業がすごいです。

 

 

宝くじを10枚買うなら、連番とバラどちらが当たる確率高いの?

これは実際に

わざわざ計算したサイトがあるらしく

バラの方が0.00002%バラの方が有利とのこと。

 

参考にならないあ誤差程度で

変わらないねw

 

 

日本ではパンダでは生まれるとお祭り騒ぎだが、海外ではどんな動物で盛り上がるのか?

アメリカでは

カバの赤ちゃん『フィオナ』がSNSで広まり

大人気になっているらしい

 

当初、生まれて未熟児だったカバのフォオナ

自力で立てなかった為、

『チームフォオナ』という援助団体を立ち上げ

介抱した結果、すくすくと育ちその成長ぶりが

SNSでも拡散されているみたいです。

 

 

ドイツでは

『北極熊のクヌート』が大人気だったが

2011年に亡くなってしまった、

しかしその後『ノビー』と『ネラ』という

北極熊の双子が生まれ、

現在はそのクヌートの人気を引き継いでいる。

 

 

メキシコでは『メキシコオオカミ』

スペインでは『シャチ』

 

チェコでは『マレートラ』が

絶滅危惧種となって

現在400頭しかいないらしいです。

 

 

シンガポールでは『ホンドタヌキ』

日本と中国のでしか生息していないので

貴重とされているみたいです。

 

 

オーストラリアでは

『アジアゾウ』と『ゴリラ』が大人気。

 

中国ではこれといった人気はないが、

グッズはパンダグッズは一番大人気らしい。

 

 

結果、現在世界中にパンダは

18カ国にいるみたいで

どの国でも、それなりにお祭り騒ぎになっており

結果日本以外でも

『パンダ最強説』は正しいとのこと。

 

 

お化けって本当にいることをテレビだったら証明できるのか?

番組では、霊の存在を信じる人と

疑ってはいるが、科学的に証明したい

と思っている専門家を集める。

 

機材もある程度『精度の高い機材』を集める。

 

 

中にはマイクロ波の変化を検証できるものや

映像解析できるものはもちろん

音の周波数チェックなども可能。

 

正直、この辺りは専門過ぎて

管理人にはあまりわけわからなかったですが。

 

 

とりあえず、霊を呼び出した場所で

何らしかの科学的変化が起これば

すぐにわかるということ。

 

 

当日調査では

心霊スポットとして有名な病院にいく。

 

もちろん胡散臭い

『霊能力者』にも来ていただく。

 

 

早速調査開始し、お経を唱えてもらい

機材班にも緊張がはしる

 

 

すると『霊能力者』が口を開き

「その壁のあたりです…」と促す。

 

すぐさまスタッフがカメラ、

あらゆる機材で確認するも変化は見れない。

 

なんども「そこです、そこです…」

と霊能力者が話すが変化なし?

 

 

するとカメラマンは

『霊能力者』にカメラを渡して撮影してもらう

 

 

『霊能力者』が撮影すると

壁にシミのような女性の顔を映し出す

 

だが、「う〜ん」

なんど見てもただの壁のシミ(笑)

 

 

正直、何やねん。

 

 

と思いながらも後日、

専門家がそのシミを科学的に分析しても

やはり特に変化なし、ただのシミですと。

 

 

やはり霊はいないのか?と感じたが

 

 

『霊能力者』の話では

この病院にいるのは、悪さをしない霊で

 

人間の前にあまり出てこないという。

 

 

え、、、何やねん(笑)

それ、初めからいいなよ〜ww

 

 

と思いながらも撮影斑は

強い悪霊がいる場所で撮影を試みることに

 

すると見つけたのが

栃木県のあるとある池…?

 

自殺者も多いらしく

有名な心霊スポットみたいですが

ネットで探してみたけど詳しい場所は不明

 

 

ここで夜中に設備を揃えて待機

先ほどの『霊能力者』も含め撮影

 

同じくお経を唱えてもらうと

500キロヘルツあたりで音声を録音

 

謎の音声で「ファ〜ファーファ〜」と

入っているのである。

 

確かに聞こえたが、これが霊の音なのか?

専門の結果でも証明は不可能でした。

 

結局結果としては

女性のうめき声のような?

怪しい音声は録音できたが、

 

結果を証明することはできなかった。

 

まぁテレビでも何でも

霊の存在を科学的に証明することは

未だできないのだろうか。

 

YouTubeなんかでは

沢山の動画あるんだけど

ほとんど、加工したものなんかな?

 

スポンサーリンク




 

ミサイルが落ちたら、保険っておりるのか?

北朝鮮問題で日々色々な心配が増えますが

その一つとして

 

ミサイルが落ちたら保険の適用あるのか?

 

番組は『保険のまどぐち』に確認すると。

担当者へと通される。

 

しかし結果は

戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取

内乱、武装反乱は、保険の対象外。

としっかり明記されていた。

 

確かにそんなことで保険払ったら

破産ですよね。

 

 

でも適応できる場合の可能性があるのは

 

日本に向けてミサイルを飛ばされたけど

最終的に海に落下した場合

 

しかも、それがミサイル攻撃ではない

武力行使だと判断されない場合に

 

ミサイルのパーツが空から

家に落ちてきた場合。

 

 

これだと?

保険の適用になる可能性もあるらしい。

 

 

要は、問題が武力行使かどうか?!

 

それは国・政府が判断する。

 

飛んで来たミサイルを

武力行使を判断すれば戦争行為で保険適応外

 

そうでなければ保険の可能性あり?

 

なんかすごく曖昧な世界です。

 

多分保険会社の宣伝になる事故なら適応で、

マイナスなイメージなら適応外でしょうか(謎)

 

 

ちなみに『火山噴火』は地震保険が対応。

津波にも対応している。

 

 

【また突然ドローンが落ちて来たら?】

年間7000円の保険「タフ・怪我の保険』

で10万〜1億円の支払いに対応。

(あくまでも故意出ない場合)

 

 

【新年会トラブル保険】

というものもあるたのしく

年額6400円で対応してくれるらしい。

 

内容は飲み会でのトラブルなども対応してる。

入ってる人いるんだろうか(笑)

 

 

【お天気保険】

これはびっくりですが旅行先で、

3時間で0.5m以上の降水量だった場合

宿泊代の10%をバックしてくれる保険。

 

こんな保険もあるんですね〜。

びっくりです。

 

 

とうことで今回は

『さまぁ〜ず』の神ギ問について

ご紹介でした。

コメント