人気記事:進撃の巨人実写版が想定外すぎる
スポンサーリンク

進撃の巨人3期のリヴァイのキメ台詞がまじでカッコ良い!

スポンサーリンク

 

進撃の巨人の3期のTVアニメ放送でも

変わらず注目すべきキャラクターは人気1位の

『リヴァイ兵長』

 

 

個人的にも大好きなキャラクターで

3期でもやはり、リヴァイ兵長のセリフがかっこいい。

 

3期の1話でもうすでに見せ場が多く

ケニーとの対戦はガン見ものです!(笑)

 

今回は進撃3期のセリフで

個人的によかったところを抜粋してみましたので

一緒にリヴァイ兵長の世界を感じましょう。

 

▶︎カテゴリー別

進撃の巨人3期のリヴァイのキメ台詞

 

『誰もが納得する名言』とはいかないにしても

日常会話や不意に口にする呟きには

リヴァイの世界観があります。

 

たまに垣間見える優しさであったり

怒りや狂気に満ちたセリフは”怖カッコ良い”

 

その辺りも共感してくれたら嬉しいです(笑)

 

「わりと動くようだ。悪くない…」

『進撃の巨人3期』1話から、ミカサアッカーマンとリヴァイの屋根の上シーン

 

リヴァイが自分をかばって怪我をした事について

ミカサが「足の調子…どうですか…?」

 

 

これは進撃の巨人シーズン2で

女型の巨人戦でミカサが危ない瞬間に

リヴァイが助け、代償として怪我をしたもの

 

 

ミカサがエレン以外の心配を声に出すことは

そうそう見かけないですが、

 

感情に任せて無茶をした自分を助けるため

怪我をしたリヴァイに申し訳なさがあったのだろう。

 

 

でもリヴァイはそれに対して淡々とした返答し、

あえて心配させない姿がかっこいいです。

 

 

「ケェェッニィィァーーー!!!!」

 

ハンジの部下でおかっぱ頭の『ニファ』が殺されたシーン

 

『リヴァイ』と『ニファ』の2人が

屋根の上から馬車の追跡を試みる際、

リヴァイは何か嫌な雰囲気を感じます。

 

次の瞬間『ケニー』の襲撃!

そして一瞬で『ニファ』が撃たれ殺されます

 

この時に『リヴァイ』が叫ぶ瞬間の表情が鳥肌級。。

 

注意:ケニーって誰?

リヴァイの昔の師匠であり叔父
実はケニーの妹のクシェルの子供がリヴァイなのだ。

 

「このままでは、部下もエレンもヒストリアも失う…チッ!」

『ケニー』とその手下に奇襲されてなんとか街の酒場に逃げ込んだシーン

 

自分も怪我をして囲まれてピンチの状態ながら、

仲間や計画のことを考える姿に

『リヴァイ』のリーダーとしての強さを感じますね。

 

こういう時もどこか冷静で

『リヴァイ』ならピンチをくぐり抜けてくれるという

妙な安心感もあり、期待を裏切らない展開は好きです。

 

 

「エレンたちを取り戻すためには躊躇するな…!殺せる時は殺せ!」

ケニーとその部下との迫力ある戦闘シーン

 

本来なら巨人とだけ戦うための戦闘訓練や装備。

 

しかし今後は人間とも戦わないといけない

と仲間に感じさせた決定的なセリフですね。

 

しかし逆にこれは『リヴァイ』の優しさでもあり…

仲間の為ならたとえ相手が人間でも殺せ…!という気持ち

この指示は必要悪というものでしょう。

 

またリヴァイのこの指示に

あの冷静なミカサも(やはり避けられないか)という

ミカサ「了解…。」という一言に込められた

表現が絶妙です。

 

 

「もし今もお前の手が綺麗なまんまだったらな、今ここにジャンはいないだろ?」

『アルミン』が『ジャン』を助ける為、銃の引き金をひき、敵(人間)をあやめたことで後悔をしているアルミンにリヴァイが声をかけたシーン

 

ケニー達との戦闘で人間をあやめたアルミンが

その夜「やってしまった・・」とばかり落ち込む。

 

そこに追い討ちのように、

リヴァイ「お前の手はもう汚れちまったんだ、以前のお前には戻れねぇよ。」

と伝えると、ミカサがアルミンをかばい応える

 

ミカサ「なぜ!そんなことを…!」

 

だが、この状況でリヴァイはアルミンに

リヴァイ「新しい自分を受け入れろ!」

 

と教えをとくと続けて、

「アルミン、お前が手を汚してくれたおかげで、俺たちは仲間を1人無くさずにすんだ。」

「ありがとう。」

 

一見すると冒頭のリヴァイのセリフはキツイですが

これがあえてアルミンの邪念を消し飛ばす

きっとこの感謝の一言にアルミンは救われたはず(涙)

 

この”ありがとう”はかなり深いですね。

 

「落ち着け。」

山に隠れ作戦会議をしているシーン

 

これはさすがリーダーのセリフ。

 

状況は悪くなるばかりで、

アルミンは調査兵団が取締りの対象になったことや

午後にも山狩りは始まることに焦っています

 

ミカサは早くしないとエレンの身がやばいことを感じ

精神的にも少し焦っている状況。

 

 

そこでリヴァイに駆け寄る皆にまず

リヴァイ「落ち着け。」

 

とこのセリフを一言いうことで

皆の冷静さを取り戻させます。

 

リーダーは逆境でも常に冷静さを失わない

こういう時、リヴァイの存在の大切さを感じますね。

 

「まったく…嫌になるよな。この世界のことを何も知らなぇのは、俺らも同じだ。」

これは山の中で休憩・作戦会議をしているときに2人の憲兵団に出くわして捕まえた時のシーン

 

憲兵団を拘束して話を聞くと

相手側の知っている情報とこちらの情報に差異

 

アニーのことも含め、色々と誤解されており

今やっていることが絶対的に正しいのかも謎。

 

 

色々と情報が錯綜(さくそう)し

わからないことが多すぎる中でも

変化する戦況に対応しなくてはいけない。

 

 

リヴァイといえども「正直、うんざりだ」

という冷静さの中の苛立ちを感じるシーンですね。

 

 

「まだ、まともに喋れるうちに口を使った方がいいぞ。エレンとクリスタはどこだ?」

検問所を制圧し、そこの看守からエレンとクリスタの場所を聞き出すシーン

 

「エレンとクリスタの居場所はどこだ?」

という質問に応えず、いちいち反論してくる男

 

 

「新米の兵士を蹴散らしただけで調子乗るな」と言われ

リヴァイ「それは、気の毒なことをしたな。」

と呟き、相手の口に靴を突っ込む

 

 

そのまま同じトーンでエレン達の場所を聞き出す姿は

鬼のスパルタ『リヴァイ様』降臨です(笑)

 

 

男「しらねぇよ!」と話すも、

リヴァイ「居場所の心当たりぐらいあるだろ?」

リヴァイ「思い出すまで頑張ろうや。骨はまだ何本もあるしな。」

 

相手「あんた・・!まともじゃない・・泣」

 

リヴァイ「かもなぁ?」

 

 

自分でもわかってるって感じが…(笑)

普段、落ち着いた雰囲気と対照的な

こういうドSっぷりのリヴァイも魅力的です。

 

進撃の巨人シーズン3が公開中ですが

1話目から気になる方はU-NEXTで可能です。

 

 

公式サイトはこちら

3期のリヴァイ兵長の戦闘シーンがカッコよすぎる

 

かっこいいセリフシーンでも言いましたが

1話でリヴァイが、昔の恩師『ケニー』と戦闘する回。

 

進撃の巨人3期を見る上でも

かなり圧倒されるシーンの1つです

 

 

これを見るとあぁリヴァイ様カッこいい〜!

ってなりますねっ・:*+.\(( °ω° ))/.:+

世の女性は惚れに惚れてしまうでしょう!

 

リヴァイ兵長の過去には何があった?

 

今は調査兵団の最強キャラ・ヒーロー的な存在の

『リヴァイ・アッカーマン』ですが、

もともとは地下街のゴロツキだった過去があります。

 

 

その頃からすでに恐れられるくらいの存在で

ゴロツキながら立体機動装置も軽々使いこなすやり手。

 

 

この辺りのストーリーは『悔いなき選択』という

進撃の巨人のスピンオフで公開されています

 

 

リヴァイ・イザベラ・ファーランの関係など

本編では登場しない人物もいます。

 

 

特にエルビンとの出会いや調査兵団に入った理由

なぜこれほど強いのかも気になりますね。

 

 

今のような冷酷な目つきのリヴァイではなく

若き感情むき出しの姿なども必見

 

 

また3期で登場したケニー・アッカーマンとの関係など

興味がある方は是非チェックしておきましょう。

進撃の巨人 悔いなき選択1巻【電子書籍】[ 駿河ヒカル ]

コメント