TOKIO山口君はキスだけなのか?緊急会見をみた感想

シェアする

先日の、ジャニーズTOKIOの山口君が強制わいせつを起こした問題で、残りのメンバーの4人が緊急会見を開かれました。それを見た感想です。

スポンサーリンク

TOKIO 緊急会見を見た感想

その会見をリアタイで見ていて感じたのが、4人のメンバーがすごく、起こったことを真摯に受け止めて、被害者の方へ心から謝罪している姿。

TOKIO城島リーダーの話し方も、落ち着いた姿の中に厳しさもあり、松岡君の言葉にも重みがあって、裏切られた悔しさやファンに対しての申し訳ない気持ち、長瀬君の本当に憤った感じや言葉にできない辛さ、国分さんの視聴者に対して選びながらの言葉、山口メンバーだけでなく、個人的な感情も語ってくれました。

ブログ管理人は完全外野ですが、客観的に報道を見ていて思うのは、このグループは真っ当なことを話せる素晴らしいグループなんだなと改めて感じました。

前例のない記者会見ですが、視聴者目線の完璧な会見だったって印象です。

だからこそ、山口君のやってしまったことって、相当なことなんだな・・と思いました。でもそも逆に違和感を感じたこともあります。

山口メンバーが無理やりキスをした、お酒を進めた、暴言にしては、重すぎる空気だなって・・そう感じませんか?

TOKIO山口君はキスだけなのか?

「そんな考えを持ち出すなよ。」という方が難しいのではないか?

と思うくらいの会見では重圧を感じました。

当初、ニュースではTOKIO山口メンバーが未成年に対して

  • 強制的にキスをした
  • 暴言を吐いたり
  • お酒をすすめた

をしたことで世間的に大問題になっています。

この中で人権的な問題、無理にキスを迫ったり、暴言を吐いたことに対して、社会的な批判や事件性の高さを感じていました。

この人権的な問題で、被害者に精神的なダメージを与え、その女性がすぐ逃げ出したくなるくらいの恐怖を与えたことは大問題です、

でも?それにしても、実際の犯罪内容と、あの謝罪会見内容では重みの違和感を感じました。

表現するニュアンスが難しいですが・・。

TOKIOのメンバーや事務所になぜ話さなかったのか?

報道などで表沙汰になったのも、事件発生の約2ヶ月後ということで、なぜそんなに時間がかかったのか。

これも、もしかしたら山口メンバーが起こした事が、もっとやばいことで話せなかったんではないんだろうか・・?と感ぐってしまいます。

実際に被害に遭われた女性は、NHKのRの法則という仕事で顔見知り、その司会がTOKIOというトップアイドルの山口メンバー。そんな一般的には年上でも憧れの男性です。そんな相手に被害者の方がキスぐらいで被害届出すのか・・・?

本当に実際に何があったのかは僕らはわかりませんが、正直悶々としてしまいます。

TOKIOは解散せず継続の方向で動き出しそう

でも今回のTOKIOの緊急会見の中で、安堵した部分もありました。

いますぐに『解散』はしない。

城島リーダーは以前、TV番組やインタビューで、メンバーが一人でもかけたらTOKIOはやめるぐらいの気持ちでいる!とおっしゃっていました。

会見の中で文言は違いますが・・

”現在各社へ多大なご迷惑をかけている状況・・こんな状態でTOKIOを解散、やめるとまたさらに色々な方々にご迷惑をかけてしまう。

それがTOKIOのリーダーとして正しい選択なのか?違うのか?

今はなんとも言えない状況ですが、ありがたいことに今後も、まだこのメンバーでのお仕事をいただけている状態なので、今できることをこなしながら、今後方向性もしっかり考えていきたい”

というようなニュアンスでお話をされていました。

国分さんも同じように、TOKIOを『解散』するかどうか?は

今後の僕たちの活動を見てくださるファンのみなさま、視聴者のみなさまが判断するべきことで、自分たちにその権利はない・・。とおっしゃっていました。

緊急会見があると聞いた瞬間、「あぁ・・・・解散のふたもじは言わないでよ・・・!」と思っていましたが、最悪のパターンはギリギリ回避できそうでよかったです。

辛い状況ですが、個人的には4人でまたDASH村や他の番組も継続してもらって、定期的に山口メンバーの状況もしっかりファンの皆様に報告して欲しいです。

身体、精神含め状態は改善しているのかどうか?

山口メンバーのTOKIOへの復帰はほぼないと思いますが、責任を果たすとう意味では、山口メンバーの犯した罪を風化させて、なかったことにだけはしないで欲しいし、山口メンバーはジャニーズの後輩、TOKIOのメンバーに対し、誠心誠意の償いをするべきだとも感じます。

最近ジャニーズ関連で問題が多いですが、みんなおもしろくて、人間的に魅了的な方々の集まりなので、なんとか乗り越えて今の時代でも最前線を走り続けて欲しいです!

急遽。殴り書き失礼いたしました。

【Google先生が抜粋した記事】






スポンサーリンク

シェアする

フォローする