▷進撃の巨人 アニメ3期 1話〜最新話を視聴
スポンサーリンク

北朝鮮「喜び組」のお仕事。もちろん夜は金正恩氏のお相手?

スポンサーリンク

 

北朝鮮のトップといえば

「金正恩(キム・ジョンウン)」総書記。

 

 

 

 

彼の年齢は現在34歳(1984年生まれ?)

改めて聞くと驚きますね・・。若い。

 

 

一国(いっこく)のTOPといえば

 

 

政治の世界で君臨するような

年齢的には50歳程の年配というイメージ

 

 

 

そういった面でも、北朝鮮という国は

日本とは違う感というか…不気味を感じます

 

 

 

ただ単に、日本がお固いだけなのかも

しれないですけどね

 

 

 

しかし『金正恩』氏のように

 

 

若さゆえに権力を持つとこうなるのか…と

ネガティブに感じるような出来事も多い

 

 

 

そんな危険な香りのする北朝鮮にも

華やかな面があります

それもなかなかのインパクト。

 

 

そう。

 

 

「喜び組」という団体です。

最近では『美女軍団』とも呼ばれています。

 




 

 

 

日頃からお国に使える、

れっきとした仕事ですが、

 

 

 

そのお仕事っぷりとやらが

色々と厳しい世界なのです。

 

 

 

今回はそんな喜び組のお仕事の話を。

 

北朝鮮を撮ってきた! アメリカ人女性カメラマン「不思議の国」漫遊記 [ ウェンディ・E・シモンズ ]

 

北朝鮮 喜び組

 

喜び組」その存在自体は、

既にご存知の方も多いと思いますので

歴史や発祥由来に関してはここでは省きますが、

 

 

 

ササっとご紹介するなら、

 

 

 

1984年頃に現在の総書記

金正恩(キム・ジョンウン)の

お父様であった

金正日(キム・ジョンイル)の時代に

 

 

 

「喜びを与え」「休息を確保する」

という目的で結成した女性だけの団体なんですね。

 

 

 

年齢は18歳〜25歳までの、

国内でも選りすぐりの美人をセレクトし

厳しいの審査をクリアした女性のみが

この「喜び組」という華やかな世界に入れます。

(基準だけで見ると宝塚みたいな感じ?

 

 

 

で、その「喜び組」なんですが

大きく分けて3つのグループあるんです!

 

 

スポンサーリンク



 

歌踊組

歌や踊りを習得しパーティーを華やかに演出を担当

 

(まぁこれはいいんじゃないでしょうか、

文化の発展や、色々国を挙げてのイベント

政界での接待でも披露できるので重要ですね)

 

 

幸福組

マッサージで慰労する

 

(北朝鮮でも軍人たるや過酷な任務で疲労困憊?

休息も必要ということで癒し系をチョイス。

まぁ確かに必要だと思いますね。)

 

 

満足組

性的なサービスを担当。

 

(かなり単刀直入ですねっていうか

金さん的には、これが本命なのでは・・?

でもこれは北朝鮮の国民に対しては

あまり公表されていない情報なんですね)

 

 

【補足】

北朝鮮ではポルノ撮影などは処刑対象。

 

実録北朝鮮の性 (祥伝社黄金文庫) [ 鄭成山 ]

 

喜び組に選ばれるのは美人が多い

スポンサーリンク



 

 

そもそも前提として、この「喜び組」というのは、

一般市民が目指すべき職業なのか?ということですが

 

 

 

これには北朝鮮の実状が絡んできます。

 

 

 

北朝鮮では上流階層を除いては、

かなりの国民が貧困生活を余儀無くされてます。

 

 

 

(軍事力を整える前に、なんとかしろよ><

って思いますけど・・)

 

 

 

この「喜び組」のメンバーに選ばれると、

北朝鮮の将校クラスの待遇が得られるのです。

 

 

 

住まいや食事、給料だってかなり貰えますし

生きていくことへの心配がまず無くなります。

 

 

 

ただ、入るにはかなりの競争率なので

簡単に誰もがなれるわけではないですね。

 

 

まず第一に美人である必要があります

容姿端麗は第一条件と言えるでしょう。

 

 

あと様々な条件がありますが

中でも「処女」であることが必須らしいです。

 

 

(北朝鮮って都市部を離れれば

電気さえ通っていない所も多いので、

生きていく為にも目指す女性は多そうです)

 

 

 

時には、

美しく生まれてしまったばかりに

強制的に連れて行かれることもあるみたいです。

 

 

 

家族からしたら娘の生活は保証されますが

何をされるかわからないという不安もあるでしょう。

そもそも二度と会えなくなるかもしれない。

 

 

 

本当、日本ではまずあり得ないですね!

これが平然と許されているのが北朝鮮という国。

ほんとやりたい放題です。

 

 

喜び組の裏事情や北朝鮮の性生活とは

 

メディア上では軍事的なシーンや兵器開発など、

重苦しい絵面ばかりが流れますが、北朝鮮の

軍事幹部の宴は毎週のように行われると言います。

 

 

 

その場には「喜び組」ももちろん呼ばれます。

 

 

 

接待時は上はブラジャーのみで

下は何も履かないという話も。

 

 

 

カードゲームをして負けると

野球拳のような流れになり、

・男が負ければバリカンで頭を剃る

・女性が負けるとあの毛を剃る

というようなひどい罰ゲーム。

 

 

 

そして一番の問題は

金正恩(キム・ジョンウン)は年齢が33歳。

 

 

 

体力面と精神面でも一番脂が乗っている時です

 

 

 

既に『正恩』には妻もいる身ですが、

全国からこれだけの美人が集まっている場所に

毎週顔を出していたら?

 

 

もう想像するまでもないです。

 

 

それもそんな誘いを拒否すれば何をされるか。

 

 

女性は基本は従うしかなく

逆らうなんて到底無理です。

 

 

 

そういえば参議院議員の

👉『アントニオ猪木』が北朝鮮に行く理由が怪しい!

 

 

これは確実に喜び組の接待受けてるんじゃないの?

と言われている理由もわかります。

 

 

なぜなら32回の訪朝ですよ!

ちょっと多すぎじゃないだろうか…

 

 

仕事に対して真面目ならいいですが。

 

 

また北朝鮮の性生活とはどんな感じなのでしょうか。

日本やアメリカなど

先進国のように風俗店や娯楽施設があったりするのか?

 

 

これは実は、北朝鮮は表向きでは、

風俗営業などは禁止しています。

 

一応取り締まる側のイメージがあるが

近年、そこがかなりブレてきている様子で

 

最近では、日本でいう

『スーパー銭湯』なるものが増えているらしく

 

 

そこの奥のVIPルームがあり

別料金を払えば女性とそういった行いができる

という、いわゆるラブホテルが存在するといいます。

 

 

ただ、もちろん位の高い人物しか

入れないような状況もあるので、

 

 

格差社会で、生活が苦しい方たちは

踏み込むことができないゾーンでしょう。

 

 

それに北朝鮮の女性は、昔の日本みたいに

女性軽視されている風潮が未だ強いです。

 

 

家の中でも夫婦対等で入れるところは

まだ少ないでしょう。

 

 

さらに昨今の北朝鮮の行いで

経済制裁も続いている状況なので

市民の間でも、毎日の生活自体が大変。

 

 

あまり性生活にお金をかける余裕は

少ないとも感じますね

 

 

ただ北朝鮮の出生率などは

女性一人当たり1.92ほどの数値を保っています。

 

 

なので夫婦間の営みは

それなりに行われていそうです。

 

 

人口も統計をとり始めた頃?

1980年以降はずっと右肩上がりなので

増え続け人口は2500万人超えではないでしょうか。

 

 

ただ寿命に関しては

平均70歳前後となっています。

 

 

日本は約83歳前後ですので

北朝鮮の食生活であったり、医療の制度は

やはり比較すると低い印象を受けます。

 

 

平昌のレストランにも美女軍団?

 

実際に金正恩(キム・ジョンウン)は

昔の元カノを処刑した事実があります。

側近なんて気に入らなければすぐに処刑・・。

あぁ恐ろしぃや。

 

 

何度もいますが、日本ではあり得ない

北朝鮮は独裁状態って恐ろしいですね。

 

 

まぁ敗戦前の日本もかなりですけど><;

「喜び組」は25歳で引退

 

ちなみに「喜び組」は25歳で引退するんです、

 

 

その後は、完全秘密を守る為&漏らさない為にも

将校や軍事の上官と結婚させられます。

 

 

完全に囲われるわけですね。

それがいいのか?

はたまた現実を知り逃げ出すのか?

 

 

数年前に脱北してきた女性が「元喜び組」という

事実もありましたね。

 

 

その話はまた別の機会に。

 

感想

これを聞くと、まだ日本に生まれて良かったと

思いませんか・・?^^;

 

 

世の中にはこんなことが「普通」となっている

国もあります><。

 

 

今のミサイル問題も今後、そんな

話し合いで解決するなんて思っていませんが、

 

 

北朝鮮」という一国のTOPであるなら、せめて

自己中心な考えで、他人に危害を加えたり

巻き込むのはやめてほしですね。

 

テレビに映らない北朝鮮 (平凡社新書) [ 鴨下 ひろみ ]

 

最後まで読んでいただきまして

ありがとうございました。

 

 

コメント