人気記事:進撃の巨人実写版が想定外すぎる
スポンサーリンク

【Areti】ストレートヘアアイロンを1年間使ったリアルな口コミ

スポンサーリンク

 

 

今や『ヘアアイロン』は女性だけでなく

男性も日常的に使うアイテムですよね

ブログ管理人も

毎朝ストレートヘアアイロンを使っています!

 

 

今使っている『ヘアアイロン』は約1年前に購入した

『Aretiストレートヘアアイロン』

と呼ぶアイテムです。

 

 

これを購入した理由はいくつかあって

プレミアム美容家電 Areti.

と言うメーカーを知ったキッカケは

以前使っていたモノの電気コードが断線し

ネットで検索した時に見つけたと言う感じです。

 

 

でも結果、これは良い選択でした。

 

 

今回は、実際に約1年以上使用したからわかる

Aretiガチレビューを綴っていきたいと思います。

▶︎カテゴリー別

『Areti(アレティ)』とは

 

まず『プレミアム美容家電 Areti.』と言うブランド。

日本ではまだ少ないかもしれませんね

 

(私も知りませんでしたϵ( ‘Θ’ )϶)

 

 

まず。

 

 

この『Areti』とはどこの企業なのか?

信頼できるブランドなのか?

その辺りも少し説明しておきます。

 

 

※商品について知りたい方は飛ばして下さいね٩( ‘ω’ )و

 

 

管理人には商品の購入には

重要なポイントと考えていますので…(汗)

 

 

近年は、どんな商品でも

海外製品のよくわからないメーカー品や?

 

値段は安い代わりに、すぐ壊れたりと

粗悪品などもたま〜に見かけますからね〜(汗)

 

 

もしかしたらこの『Areti』というメーカーも

「そんな感じ?」と思う方もいるかもしれませんが

 

 

Aretiはちゃんとした日本企業でした。

(ちゃんとしたって言い方もおかしいですが笑)

 

<会社の現住所>

 

所在地は、東京都中央区日本橋堀留町にある会社で

日本での設立は2011年〜

 

当初はヨーロッパやアメリカ

シンガポール、香港、中国と商品開発を行っており

ここ数年で、日本でも認知度も上がってきています。

 

2010年には「ロンドンベストプロフェッショナルヘアドライヤー賞」を受賞、さらに2011年には「シンガポールハーパーズバザールヘアドライヤー賞」を受賞するなど、Aretiの製品は世界のプロが認めるグローバルエクスクルーシヴブランドとして成長し続けています。

<Areti-HPより引用>

【ブログ管理人の助言】

 

このようにメーカーは響きの良い宣伝文句を表記するものですが(笑い)

商品に関して、また後に詳しく説明致しますが、実際にブログ管理人が購入から1年以上使っていても一切壊れることなく、Aretiの商品は普通に安心できると感じましたね。

Aretiのヘアアイロンの特徴

 

『Areti』には様々な種類のアイテムがありますが

商品を通じて全体的に感じるのはこの3つ

 

スタイリッシュなデザイン
直感的な使いやすさ
高い耐久性

 

パッと見ただけでもとてもオシャレです

 

商品のラインナップは

日常コアに使用するような身近なアイテムが多く

  • ドライヤー
  • ヘアアイロン
  • ヘアブラシ
  • マイナスイオン機器
  • 電動歯ブラシ
  • 美顔器 etc…

 

一見、女性をターゲットにしているような

商品が多い印象的ですが、男性が使っても

そこまで遜色ないデザインと言うのが良いです。

 

Areti ストレートヘアアイロン白と黒の違い

 

『Aretiのストレートアイロン』は種類があります

中でも一番メインで売れているのがこちら。

 

 

管理人が購入したプレート

20mm黒色(ブラックタイプ)です。

 

品番:Areti-i679BK(20mmブラック)

  • 本体表面がツヤなしマットな感じ
  • プレートがチタニウムコーティング
  • 剛毛やくせ毛の人に最適
  • カールなどは作りにくい(ストーレート向け)

 

品番:Areti_i679(20mmホワイト)

  • 本体がツルっとしたコーティング仕様
  • プレート部分がセラミックコーティング
  • チタンアイロンよりも髪の毛に優しい
  • 先端の外側も熱くなるのでカールも可能

 

【ブログ管理人の助言】

 

・黒色はストレートで毛が太い・くせ毛向け

・白色はカールもできて繊細な髪質向け

 

このAretiの20mmタイプはクセが強い人はブラック、髪が細くて繊細な方はホワイトかなと思います。

僕はくせ毛なのでブラックにしましたが、ガチで髪がさっらさらになります。

髪質やお手入れごの好みによってタイプを選択すればOKですが、お値段はホワイトの方が1000円ほど高めでした。

 

Aretiストレートヘアアイロンを1年間使った口コミ

 

ここからが実際に使用して

管理人が感じたことをお話ししますね٩( ‘ω’ )و

 

 

まず購入前に思ったことは

「ちょっとだけ値段高いかな〜?」

 

 

ヘアアイロンは安いモノを探せば

〜3000円くらいでも十分ありますからね。

 

 

それに『Areti』は見た目がシンプルだし

本体にはサイドの温度調整のボタンが(➕ ➖)のみ

後ろに固定のストッパーギアが一つ

 

 

他にこれといって凄そうな機能が見当たらない?

そう、、思いながらもデザインが好きだったので

 

とりあえず商品を注文!

 

 

すると届いた箱がでかい・・・(笑)

「なんか注文間違えた?」と思いましたが

 

 

箱を開けて中を覗くと、少し滑稽なお姿が・・(笑)

面白かったのでつい撮影してしまった。

 

 

とても小さい。

 

 

しかし商品の外箱はブランド感が漂う雰囲気で

高価なシャンパンが入ってるような硬めの箱です。

 

Aretiストレートヘアアイロンのコードの長さの

 

『開封の儀』が終わり

箱の中から取り出してみると?

 

※撮影の為に再現しているので、商品の部分的な汚れはご了承ください。
 届く商品は全てピカピカですのでご安心を。

【ブログ管理人の助言】

 

個人的にはこのコンセントの部分がっていうのが素敵!

 

家のコンセントをタコ足にしていると、使い終わったアイロンを安全の為に一旦抜きますが、忙しい時など間違えて別のコンセント抜くときがありませんか?

このようにがついてると間違える心配がないですね。

 

Aretiヘアアイロンの温度が目視でわかる表示

【ブログ管理人の助言】

 

温度表示の液晶が見やすい。

あと『Areti』の最大のポイントですが、Aretiのアイロンは温度設定までの到達がめちゃくちゃ早い!

今回、いつも使っている温度設定でチェック!

180度までのタイムを測ると22.22秒!

これが一番気に入っているポイントです。

 

Aretiヘアアイロンのプレートには隙間ができない

 

こんな感じでスプリングみたいに

左右に動くので、

 

 

髪を挟んだ時に隙間ができにくく

髪全体に比較的、均等に温度が伝わります。

 

またアイロンを滑らした方向に流れて行くので、

髪が引っ張られることがないです

 

またプレートが『すべすべ』なので

1年間毎日使ってますが、常に光ってます。

 

 

ヘアアイロンを抑えている手の内側を挟まない構造

 

少し見えにくいですが、合わせ角の部分が丸くなっていて

手を挟んでも滑りやすく、不意に挟んでも痛くないです。

 

【ブログ管理人の助言】

 

髪を当てるプレート部分はきっちり隙間はなく挟める。

でも(温度ボタン➕➖)のある手持ちの部分は抑えてる指の内側を、誤って挟むことがないよう、若干の隙間が空いています。

これで不意に挟んで「痛い」ってなることがないです。

 

360度回転するコードでねじれない

【ブログ管理人の助言】

 

コード根元がクルクル回るので、断線の心配が少なく右手・左手で持ち替えても、コードが絡まないです。

管理人の使っていた他社のアイロンはコードの断線が原因で壊れたのでした(汗)

 

使わない時・カバンにしまう時はストッパーで固定

 

ギアをクルっと回すだけでロックできます。

 

【ブログ管理人の助言】

 

ギアを回して手持ち部分が開かないように固定すると、

金属プレート部分はピタッとせずに少し隙間があきます

 

こうなることで使った後にすぐ閉じても

熱がこもらず、放出がしやすくなってます。

 

実際に計測したところ、200度に設定し使用した後は、手で持てるくらい冷めるまでは約10分程度かかりました。

 

またAretiストレートアイロンの『ホワイト』はカールのセットができるように、先端の外側も熱くなりますので、冷めるまでは触れないようにご注意ください。

1000円ほどお求めやすい『ブラック』も、先端外側がそれなりに熱くなるので、使用後はすぐにバッグ等に入れると危ないです、ある程度は冷ましてから片付けると良いでしょう。

Aretiストレートヘアアイロンのデメリット

 

実際にこのアイロンを使ってからは

髪が引っかかったり暖まるまでの時間の早さなど

ストレスが一切なくなりました

 

 

ほんとに管理人的にはメリットばかりなのですが

唯一、気になるところがありまして

 

それはただ管理人の使い方が?

下手なのかもしれないのですが(´-`).。oO

 

 

髪をアイロンする時にブラシと一緒に

アイロンを並べてス〜って抑えこむんですが

 

その時に、ブラシ側の先端が

熱いプレートのサイドにあたり若干溶けるんです。

 

 

髪を研ぎながらブラシをアイロンにくっつけてすぎると

熱でこのようになります。

 

 

木製のクシや、硬めで耐熱仕様のブラシであれば

問題ありませんが、ナイロン系など

溶けやすいクシを使う人は注意した方が良いと思います。

 

 

ただブラシが溶けて汚れても

プレート自体がコーティングされてるので

ティッシュで拭けばすぐ綺麗になります。

 

 

このあたりはアイロンをする時の

やり方・テクニックがあレバ大丈夫だと思います

٩( ‘ω’ )و

 

 

もし、お気に入りのクシを使う場合は

念のため気をつけてくださいね。

 

 

<楽天公式SHOPはこちら>

 

補足ですがこちらの『Areti』の製品

海外でもそのままコンセントに挿して使えるので

海外旅行が趣味の方にはオススメしやすいです

 

 

今回はここまで生活感あるリアルな口コミが

あまり見当たらなかったので、

実際に管理人の使ってみた

Aretiストレートアイロンのガチレビューでした。

 

コメント