人気記事:進撃の巨人実写版が想定外すぎる
スポンサーリンク

「アコギがやりたい!」初心者が必要なアイテムはこれ!

スポンサーリンク

出典:http://01.gatag.net/

2017年からアコースティックギターを始める方!

初動ではエレキギターに比べて

用意するものが少なくてよいし

やりたい!と思い立った時に

手軽に始めやすいというのがポイントです。

 

 

 

こちらもまず

 

家で演奏するのがメインなのか?

外で演奏するのがメインなのか?

 

 

こちらも少し細かく見ていきましょう。

 

 

家で演奏がメインとなる方

出典:http://01.gatag.net/

 

・コード譜を見てまったり弾き語り

・CDにあわせて好きな曲を演奏したい

・ジブリなどの有名な曲をソロギターを奏でたい

・友達と家でセッションしたい

・パソコン使って雑談でもしながらネット配信等したい

・YOUTUBEなどに動画投稿したい

・寝る前に寝室で少したしなみたい

 

 

 

家派の本当に最低限必要なアイテム

・アコースティックギター

・チューナー(1000円~4000円)

・ピック(100円)

・スタンド(Aria GS2003/700円前後)

 

少し余裕があれば

・ファイバークロス(1000円~3000円)

・オレンジオイル(1000円前後)

・ニッパー(弦交換用)

・パソコン(PCが無い方はコード等分かる教本)

・オーディオインターフェイス

(ネット配信&PC接続する方)

 

 

これでまず安心です。

ファイバークロス

オレンジオイル指板(押さえる部分の木)

保湿や汚れのふき取り用として

冬季は乾燥対策で用意すると良いでしょう。

 

弦交換やメンテナンスは

購入した店舗へ任せる場合はニッパーも不要。

しかし自分で弦交換等やってみたい方は

将来的にはきっと役に立つので覚えると吉

 

 

ネット配信などパソコンとの接続

少しばかり知識がいるので

まずある程度弾けるようになるまで

先に指を鍛えましょう!♪

 

 

 

外がメインとなる方

出典:http://01.gatag.net/

・バンド活動をやってみたい

・駅前や路上でミニライブをやりたい

・好きなCDとあわせて練習したい

・ユーチューブなどに動画投稿したい

・知人と親父バンドでブルースセッションしたい

 

 

 

外派の本当に最低限必要なアイテムは

・アコースティックギター(要ピックアップ)

         or

・エレクトリック

  アコースティックギター(アンプに繋げる)

・アンプ(30W~80W程度)

・チューナー(クリップタイプ)

・シールド(3000円~1万円)

・ピック(おにぎり型/100円)

・ニッパー

・換弦

 

様々なシチュエーションを考慮して

これがあればまず安心でしょう。

 

 

比較

一番の違いは出力する音量ですね。

スタジオ含め外で演奏するには

アンプをつなぎ

結構な音量がいるという事です。

特に生ドラムが絡む場合は

完全に音量で負けるので必須です。

 

それにはまずギター側にシールドをつなぐ為の

ソケットが入ります。

ギター本体底のストラップを付けるあたりを

確認ください、そしてコードを挿すような

丸い穴が空いていればほぼOKです。

 

【アコギ用アンプで個人的なおすすめ

 

Roland AC-30 AC-60系

出典:https://www.roland.com/jp/categories/guitar_bass/

これは定評があります。

サウンドの良さや

使いやすさ、持ち運びを考えた設計

ボーカルとギターを一台で繋げたり

AC-30の方にはルーパー機能などもついています。

エフェクトやリバーブなどの空間系もOK

 

 

 

また音質や生音に近いサウンドにこだわるなら

Fishman LOUDBOX系

出典:http://www.fishman.com/products/series/loudbox/loudbox-mini-amplifier/

これも素晴らしい音です。

ずっと弾いていたくなるサウンドですね。

こちらもギターとボーカルが一台

繋げるのでその場でライブができます。

 

路上や駅前

ちょっとしたバーやカフェ

友達の集まりやパーティで

少しだけ演奏を披露したいなという時

コンパクトですがとても頼りになる存在です。

エレキギターに比べてより繊細なサウンド

特化したアンプなので、

スライドのニュアンスや、コード感

倍音成分にエレキギターには出せないような

ブライトかつ暖か味のあるサウンド

楽しんでいただけます。

 

 

まだまだご紹介したい物が沢山ありますが

一旦はここまでにしましょう。

とりあえず今回書いたアイテムがあれば

ある程度の範囲までは演奏できるでしょう。

 

もちろんあると便利なものや

余裕があれば絶対お勧めしたいものなど

沢山ありますので、

少しづつご紹介していきますね。

 

最後まお読みいただきまして

誠に有難うございました。

 

マシュオでした。

 

コメント