「ショックすぎる」リンキンのチェスターが自殺、ワンオクとの対バン控える中の出来事。

シェアする

あぁ、、悲しすぎます。

あのアメリカ・ロックバンド「リンキンパーク」のボーカルであるチェスターが亡くなったというのです。

(正式には、チェスター・チャールズ・ベニントン/ Chester Charles Bennington)

今月20日にロサンゼルスの自宅で首をつって亡くなっていたそうで、警察も自殺と見ているとのこと。

しかも「チェスター」が亡くなった日(7月20日)は、生前 家族のように親しんでいた友人。

「クリス・コーネル(52歳)」(今年5月17日にデトロイトでのライブ後に自殺)の誕生日だったと言うのです。

もしかすると、後追い、、?と考えるのが自然ですが、、

誕生日に追悼。感極まってしまった上での事故だったのか?

リンキン・パーク」のことを愛している人ファンがまだまだ世界中にいる中での出来事、これは僕も衝撃すぎて言葉も見つからない状況です、、。

リンキン・パーク」のギタリストである作曲担当の「マイク・シノダ」も「衝撃だ、悲しみに満ちている。でも事実。」とTwitterに書き込まれている。

スポンサーリンク

チェスター・ベニントン

名前:チェスター・ベニントン

正式名には(チェスター・チャールズ・ベニントン)

生年月日:1976年3月20日(没41歳)

出身地:アメリカ合衆国・アリゾナ州

担当:ボーカル・ギター・キーボード

活動開始:1993年〜

アメリカの超有名ロックバンド「リンキン・パーク」のボーカル、リンキンに加入する前は、フェニックスでグランジバンドの「Grey Daze」で活動。

1998年にGrey Dazeを脱退し、音楽を諦めかけていたころ、ロサンゼルスにある「Zomba Music」の副社長ジェフ・ブルーが彼をリンキン・パークのボーカルのオーディションに誘い見事に採用。

のちにワーナー・ブラザース・レコードと契約する。

近年のチェスターの写真(スキンヘッドで刺青にピアス)を初めて見た方は、邦画「吉高由里子」主演の「虹にピアス」に出てくるような(なんだか近寄りがたい怖いお兄さん)を連想させますが(個人的感想)

チェスターはそんなことはなく、2011年にも東日本大震災の復興支援として、日本のロックバンドの「B’z」とチャリティーライブをしたいと企画。

それが「チェスター」からの希望であったという話も有名なくらい優しい心の持ち主なんですよ。

また「リンキン・パーク」の歌詞には洋楽のロックバンドによくありがちな

「放送禁止用語連発の歌詞」がほとんどなく意外にも「クリーンなイメージ」の曲が多いことで有名です。

(大○優子の発言で問題視されたF4文字とか、、。)

普通に幼い子供でもきかせられますよ。(もちろん歌詞の意味は難しいかもしれませんが)

そんな「チェスター」も幼少期には、麻薬をやったりと結構荒ぶっていた時もありました。

捕まって少年院に入ったことも実際にあります。

「チェスター」は近年、苦難に満ちたアリゾナ(Arizona)州での子ども時代について告白しています。

「家族と親しくしていた人物から長年にわたり性的虐待を受け、11歳の時に両親が離婚した後に、アルコールと違法な薬物に手を出した」とも語っています。

しかし出所後はファーストフードでも有名なあの、「バーガーキング」で真面目にアルバイトしたり、実は「美術大学」に通って勉強していたりと、あの世界的有名なロックバンドのボーカル?とは思えない経歴があります。

その時の美術学校時代に知り合ったのが、リンキンのバンドメンバーであるマイク。

それがきっかけで今の「リンキン・パーク」のボーカルとしてオファーされたという逸話があります。

それに「リンキン・パーク」と言うバンド名は、その頃チェスターたちが当時住んでいた街にある

「公園の名前」をひねったものだったらしいですね。有名なバンドって結構そういうところありますよね。

地名とか?昔のあだ名とか?

そんな世界中から愛されているチェスターが、、まだ41歳という若さで亡くなるなんて。

そんなの一体誰が想像できましたか、、?

本当にショックです、、。

今回チェスターがなくなる前に公開された

「リンキン・パーク」の「One More Light」が「チェスター」の追悼動画となるかもしれません。

心より、ご冥福をお祈りいたします。

ONE OK ROCKとの対バンも予定していた

実は、今年の11月には日本の人気ロックバンドのONE OK ROCKとの対バンも予定していました。

同じステージでリンキンは90分のパフォーマンス、ONE OK ROCKが60分を予定していた。楽しみにしていたファンもかなり多いでしょう、、><

11月4日の土曜日に開催されるチケット分はすでにSOLD OUTしており、今後チケットの払い戻しなどあるのか?、どのような対応になるかはわかりませんが、ONE OK ROCKのボーカル、Takaも恐らく相当衝撃を受けてるんじゃないかなって思います。

Takaは「人との出会い」とか、「運命」とか、「与えられた縁」とかをすごく大切にする人だから、きっとこの事実は言葉にできないだろうと感じます、、。

でもそれを感じて、「その上で自分たちができることってなんだろう?」ってことを今考えているんじゃないかなとも思います。

今年の5月にリンキン・パークのチェスターとマイク、ワンオクのTaka が対談した映像があります。

もうこの姿を見れないというのはすごく残念ですが、音楽家として親互いリスペクトし合っている姿が本当に印象的ですよ。


まだ公式でのコメントは発表されていないですが、何かライブについての発信をされるかもしれません、もうしばらく待ってみましょう。

【追記】ONE OK ROCK Takaのコメント(7月21日)

悲しすぎて、もう空っぽです。まだ信じられない。もう直ぐ会えると思っていたのに。彼は僕らがバンドをやるう理由を作ってくれた人。残念でたまらない。でも彼はいってしまいました。彼の家族!メンバー!彼に関わる全ての人に愛を送ります!そして心からご冥福をお祈りします。

Twitterの反応

すでに、Twitter上でも「リンキン ボーカル」がトレンド入りしており、みんなショックを隠せない状況がわかります。。

青春時代に聴きまくった曲や、ライブパフォーマンスも圧巻で、2006年以降からサマーソニック出演、ライブイベントの価値を底上げしてくれました。

ほんと「実は嘘でしたーー!」て言って欲しいです、、。

あの映画にも出ていた

この洋画は僕個人的にもおすすめで、大好きな映画の一つです。

そう「ジェイソン・ステイサム」主演の「アドレナリン」に出演していたこともあるんです。

かっこよすぎです、、。

また世界から1人、才能ある憧れの存在が消えた、、

でも、受け入れるしかないのか><。。

残されたバンドメンバー、ファンのみんなも戸惑いは隠せないと思いますが

今後どのような力を「リンキン・パーク」が僕らにメッセージとして届けてくれるのか、

そのトキが来るまで、ゆっくり待ちましょう。




【Google先生が抜粋した記事】



スポンサーリンク

シェアする

フォローする