【餃子の王将】大阪王将の違い「餃子はどっちが美味しい?」

シェアする

もしあなたが『餃子』を食べたくなったら

どこのお店に行きますか?

『餃子』といえば飲茶のお店。

そんな飲茶がある中華料理店も色々ありますが、

今ではほとんどの県に店舗があると言われる

中華料理のチェーン店といえば『王将』ですね。

では、あなたの家の近くにあるのは

どちらですか?

『餃子の王将』

『大阪王将』

スポンサーリンク




一般的には『王将』といえば

このどちらかですが、

この2店舗は

『王将』という名前がついてるので

「同じ会社」

だと感じている人も多いと思います。

また逆に、

『え?この2店舗って別の会社じゃ?』

そう思ってる方も実際は多いでしょう。

そこで「どっちなんだろ?」と思った方が

この記事をお読みいただいていると思います。

早速、この2店舗の違いについて

わかりやすく解説して行きましょう。

スポンサーリンク

餃子の王将 大阪王将の違い

まず前提としてご案内することは、

現在「餃子の王将」と「大阪王将」は別会社です。

現在』ということは

元々は『同じ』だったということですね。

そもそも先に『王将』としての

暖簾(のれん)を上げたのは

「餃子の王将」またの名は「京都王将」です。

”京都 四条大宮にある店舗” 発祥(第一号 本店)

(本社ビルは京都の山科にあります)

この京都発の『王将』

1967年(昭和42年)12月25日に開店。

その後、中華料理チェーンとして人気を博し

着々と店舗数を拡大していきました。

この『餃子の王将』が登場してから

約2年後の1969年(昭和44年)9月頃

『餃子の王将』の社長の親類

大阪に店舗を出したいという流れになり

現在の大阪府 都島区 京橋に

(誤:としまく 正:みやこじまく)と読みます。

ここに『王将』という名で店を誕生させました。

ちなみに現在(2017年)は

  • 本社:東京都品川区
  • 本店:大阪府大阪市中央区

昔から『暖簾(のれん)分け』は良くありますが

今の時代では権利問題など

色々とややこしい事が関わってくるので、

親戚とはいえ、気安く分け与えたり

できない場合も多いですが

時代は1960年代。

当時の『餃子の王将』の社長は、

親族なので住み分けができるなら良かろうと

もしかしたらそういう

ノリ的な感じもあったのかもしれないですね。

(昔は色々とアバウトでしたから)

元々は同じ「王将」現在の関係は?

そうこうして、お互いに創業してしばらくの間は

同じ『王将』として住み分けができていました。

先述したように京都では『餃子の王将』

大阪では『王将』という呼び名で

両店は順調に店舗を拡大させていきました。

だが、店舗が増えるにつれ「大阪の王将」は

それまで”暖簾(のれん)分け” という形で

大阪エリア中心に店舗進出しいたものの・・

社名も『大阪王将食品』となってからは

『餃子の王将』のお膝元である

京都にまで出店してしまうんです。

その事態を重く見た『餃子の王将(京都王将)』が

『大阪王将食品』に対して ”一喝

名前に『王将』を使うな! と。

スポンサーリンク



だが、その忠告も当然ですが

簡単には受け入れられず。

結局、親族でも折り合いが合わない為

『訴訟問題』に発展。

これが王将の『のれん問題』です。

餃子の王将社長射殺事件 [ 一橋文哉 ]

当初、『大阪王将食品』が

なぜ京都に進出してはいけないのか?

その辺りにどういう契約・約束があったのか、

公には公表されていないので

今となっては詳細等はわからないですが。

ただ裁判沙汰に発展した両社は最終的には

こういう結果に。

【京都発祥 側】

『餃子の王将』として名乗り

『餃子の〜』という文言も唯一使える権利を持つ。

あの定番の王将の白に緑と黄色とオレンジの看板も

『餃子の王将』側のみが使用できる。

引き続き社名も『株式会社 王将フードサービス』

と変更なし。

続いて、

【大阪発祥 側】

店舗名を『大阪王将』として

全店これで営業していくことで和解。

ただ『大阪王将』はチェーン店の外食産業以外にも

冷凍食品産業やラーメンの店舗など

現在のチェーン店を維持したまま

幅広い業務に手を広げています。

2002年には会社名を

『イートアンド株式会社』に変更。

最近は関東近郊エリアでの勢力を強めています。

現在のお互いの関係は、

しっかり住み分けをすることで

保たれている関係といえますね。

餃子はどっちが美味しい?

 

個人的にもイメージとしては、

『餃子の王将』

昔ながらのお一人様カウンターがあって

目の前で調理が見えて

”じゅわ〜”みたいな大衆中華料理店。

『大阪王将』

新しい食材やアイデア、モノを取り入れた

比較的綺麗目なレストラン型・中華料理店。

そして店舗のメニューに関しては

餃子、チャーハン、ラーメン、炒め物などの

ラインナップは結構似ています。

でも両店によって

メニューの呼び名は色々と差がありますね。

少し文字が小さくて見にくいですが、

『餃子の王将』が”餃子”〜

『大阪王将』は”元祖焼き餃子”〜

写真はごく一部ですが、

餃子の王将は ”ザ・王道!!”

大阪王将は

今までにない工夫した名前など

つけられています。

両店で比べると全く同じ名前は

ほぼ無いのではないでしょうか。

スポンサーリンク



で、一番メインの『餃子』の味ですが

正直すぎて申し訳ないんですが、

本当にほぼほぼ変わらない味!

マジで甲乙つけがたいです。

それに、これに関しては

提供している店舗によって味が多少変わるので

一概にいえないです。

餃子の焼き加減!

その日の具材の状態!

例とし名前出しますが

『天下一品』のラーメンでも

地域によってどうしても作り手によって

味が変わってしまいます。

本当びっくりするほど変わります。

余談ですが

昔、京都の左京区に住んでいた頃は

『桂』の天一が一番うまかったです。

もちろん行った回数は本店が一番多い!

今はもしかしたら

味も変わってるでしょうけど。

なので『王将』の餃子の違いも

ほぼほぼ一緒で、後は店舗による。

本当それくらいしかないですね。

ただ店の雰囲気や

中華料理を食べにキタァ〜って感覚では

僕個人的に『餃子の王将』の方が好きです。

注文した時のあの

ソーハン〜なんちゃら〜と

内線で響く感じが、子供の頃から

聞き慣れているので居心地がいいです。

皆の声

管理人の一言

今回は、餃子の王将と大阪王将の違いを

できるだけわかりやすくというのを

意識して書いて見ましたが、、

まぁ僕がうだうだと語るより、

あの最高の味を食べればどうでもいいですねっ

頭の隅で少しでも「へぇ〜」と

イメージしていただけたら幸いでございます。

管理人は京都で生まれて、

子供の頃からずっと食べてきたあの味。

時代が変わっても

いつまでも変わらない味。

『王将』といっても

お互いに名前は違えどどちらも

めっちゃ美味い。

これだけは変わりませんね。

今後もずっと変わらない気がします。

これからも全力で食べますので

一生潰れないでくださいね!

『王将!!万歳!!』

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。




【Google先生が抜粋した記事】



スポンサーリンク

シェアする

フォローする